現在位置: ホーム / NComputing / 製品情報

Lシリーズ アクセスデバイス (L350, L300)

NComputing™ が開発した独自プロセッサー「Numo」を搭載。マルチメディアコンテンツのリモート再生に対するネットワーク負荷を軽減し、フルHD解像度でのビデオ再生にも対応するハイパフォーマンスなクライアントデバイスです。NComputingのvSpaceサーバーと接続することで理論上最大100台の仮想化デスクトップ環境を実現できます。

 

高画質・高パフォーマンス

通常のPCと同じ画面解像度で作業でき、フルHD解像度でのビデオ再生や USB 2.0 デバイスの接続が可能。Lシリーズ アクセスデバイスは企業、教育機関、医療機関など様々な環境で柔軟に利用できます。

 

現在そして将来のコストを削減

Lシリーズ アクセスデバイスはゼロクライアントの能力と価値を再定義します。導入コストはPCの半分に、端末の管理コストを75%削減、電力消費を90%削減します。

 

導入が容易

遠隔地の支社オフィスで数台のワークステーションとしての導入でもキャンパスへの4,000台の導入でも、Lシリーズなら短期間で容易に多数の仮想化デスクトップ環境を構築できます。

 

効率的な運用管理

Lシリーズ アクセスデバイスはゼロクライアントです。いったん設置すれば、アプリケーションや各種ドライバソフトウェアなどの管理は必要ありません。vSpaceサーバーはユーザーを煩わせることなく、デバイスのファームウェアの更新などを集中管理できます。

 

高度なセキュリティマネジメント

本体には一切のローカルストレージを搭載していないのでサーバーからのデータのダウンロードはできません。USBの接続はデバイスポリシーで管理できます。

 

Lシリーズ アクセスデバイスの基本的な設置方法

Windows Serverなどをインストールしたサーバーを設置したネットワーク上にLシリーズ アクセスデバイスを接続し、モニタやキーボードを接続するだけですぐに稼働できます。

Lシリーズの導入形態

 

本体仕様

項目名L350L300
内部ハードウェア

NComputing Numoシステムオンチップ搭載のソリッドステート設計
ローカルストレージ (HDD、Flash)、ファンは非搭載

ディスプレイ解像度 24bitカラー
標準:最大 1600 x 1200 (@60Hz)
ワイド:最大 1920 x 1200 (@60Hz)

24bitカラー
標準:最大 1600 x 1200 (@60Hz)
ワイド:最大 1920 x 1080 (@60Hz)

ディスプレイI/F DVI-D デジタルビデオ出力

VGA (アナログRGB) 出力

ネットワーク 10/100 Mbps イーサネット
オーディオ 16bit/22kHz デジタルオーディオ (USB 2.0 オーディオデバイス)、3.5mm ステレオジャック 12bit ステレオ・オーディオ、3.5mm ステレオジャック
認証 FCC Class B, CE, KCC, RoHS
動作環境 温度:0〜40度 湿度:10〜85% ※ 結露なきこと
サイズ・重量 115mm(W) x 115mm(D) x 30mm(H), 154g
消費電力 5W (USB機器の動作を含まず) 12V ACアダプタ付属
対応OS

[ サーバーOS ]
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2008 R2 SP1
Windows MultiPoint Server 2012
Windows MultiPoint Server 2011
Ubuntu Linux

[ クライアントOS (64bitのみ) ]
Windows 8.1
Windows 7

最大ユーザー数 100 ※ 30ユーザー以下での使用を推奨