ES1640dc v2

製品概要製品仕様お問い合わせ
 

エンタープライズ向けZFS NAS:ダウンタイムが限りなくゼロに近い高信頼性サービスを提供

banner_es_rakuyasu_700.jpg

 

ES1640dc v2 フロント ES1640dc v2 リア

263_2.pngcitrix-ready.pngvm-ready.png263_5.pngintel-xeon.png
 

ES1640dc v2はミッションクリティカルなタスクや負荷の大きい仮想化アプリケーションのためにQNAPが開発したまったく新しい製品ラインです。Intel® Xeon® E5プロセッサー、2つのアクティブコントローラー、ZFSを備え、仮想化環境に完全対応するES1640dc v2は、「本当のビジネスクラス」のクラウドコンピューティングデータストレージを実現します。ES1640dc v2はまったく新しいQESオペレーティングシステムを内蔵し、ほぼ無限のスナップショット、ブロックレベルのデータ重複排除、再利用可能なシンプロビジョニングを提供します。これによって、企業は、最も対費用効果の高いVDIプラットフォームやクリティカルデータのためのストレージを構築できます。ES1640dc v2の操作性は現行のQTSシステムを使用するQNAP NASと同じであり、ユーザーはすぐに使い方を習得し、短期間でシステムを展開できます。予算が限られた中小企業やミッションクリティカルなタスクを扱う大規模なIT部署に最適です。

  • デュアル アクティブコントローラー、NVRAMキャッシュ、デュアルmini-SASチャンネルバックアップ、40GbE対応、SAS 12Gb/s対応
  • FreeBSDとZFSを基盤とするQESオペレーティングシステム
  • データの重複排除と圧縮により500超のVDIのホスティングが可能に
  • ほぼ無制限のスナップショットとSnapSyncで効率的な障害復旧
  • NASとiSCSI/IP-SANストレージでVMware®、Microsoft® Hyper-V、KVM等の高度な仮想化機能に対応
  • OpenStack® iSCSI Cinderドライバーに完全対応
  • 合計1PB以上のストレージ容量まで拡張可能な設計
  • 5 年保証 - 3年グローバル保証を含む

Intel® Xeon® E5デュアルコントローラーでダウンタイムがゼロの高い可用性

ES1640dc v2は2つのIntel® Xeon® E5-2400 v2プロセッサーを搭載し、デュアル アクティブ/アクティブコントローラー アーキテクチャを備えています。1つのコントローラーが故障しても、スタンバイ コントローラーがすぐに引き継ぐため、ビジネスのダウンタイムが限りなくゼロに近くなります。ES1640dc v2はデュアルパスmini-SASデザインを利用してJBODエンクロージャー (EJ1600 v2) に接続し、外部JBODケーブルが外れても動作を継続します。冗長性を中心に設計されたES1640dc v2は、信頼性の高い企業向けストレージを最高の形で実現したものです。ミッションクリティカルなタスクを中断することなく、高い生産性を実現します。

Dual_active-active_ESv2.png

 

デュアルコントローラーNAS: 高い信頼性と可用性

「信頼性」は、ミッションクリティカルなビジネスアプリケーションにとって最優先事項です。ES1640dc v2は2つのアクティブ/アクティブコントローラーを備えています。これはビジネスITストレージにとって最も信頼できる基盤となります。

ES_HW_framework_en_ESv2.jpg

  1. デュアル アクティブ-アクティブ コントローラー

    万が一、片方のコントローラーが故障した場合も、もう1一方のコントローラーがすぐに引き継ぎ、最小限のダウンタイムで高い可用性を実現します。

  2. 4つの内蔵10GbE SFP+ポート

    Intel® XL710ネットワークカードは、iSCSI/NFS/CIFSのさまざまなネットワークデータ転送要件を満たす4つの10GbE SFP+ポートを提供します

  3. 内蔵デュアルポート10GbE RJ45 ネットワークカード

    PCIeスロットには、2つの10GbE RJ45ポートを提供するLAN-10G2T-X550ネットワークカードが内蔵されています。デュアルポートQSFP+ 40GbE NICに入れ換えることで、大量のデータ転送を可能にし、ネットワーク配線を簡素化することができます。

  4. SAS 12Gb/sハードドライブ

    SAS 12Gb/sとSAS 6Gb/sハードドライブ/SSDをサポートするデュアルコントローラーアーキテクチャは、エンタープライズ向けの多彩なストレージの選択肢を提供します。

  5. (5-1) NVRAMとCopy-to-Flash

    バッテリー保護DRAM 書き込み用キャッシュによる データ保護とFlash読み取りアクセラレーションが業界をリードするランダムアクセス性能を実現します。仮想マシン使用時に効果を発揮します。

  1. (5-2) DDR3 RAM

    (1) NVRAM専用DDR3メモリモジュール - 16GB対応、C2Fに必要な電力はBBUで供給
    (2) デュアルチャンネルDDR3システムメインメモリ - 各チャンネルは16GB/32GB をサポートし、合計32GB/64GBの容量を提供します。

  1. (5-3) M.2 SSD

    DRAMに書き込まれたキャッシュデータを保存し、突然の停電においても情報は失われません。

  2. デュアルパスミニSAS 12Gb/s (EJ1600 v2)、6Gb/s (EJ1600) JBODアーキテクチャ

    拡張エンクロージャーでES1640dc v2のストレージ容量を 1PB 超まで拡張できます。

  3. Intel® Xeon® E5-2400 v2シリーズプロセッサー

    ソフトウェア ディファインド ストレージと商用ミッションクリティカル アプリケーションに必要な性能を提供します。

  4. フィールド交換可能ユニット

    フィールド交換可能ユニット(FRU) は、コントローラーだけでなく、冷却ファン、電源ユニット、C2F(Copy-To-Flash) のBBUバッテリーパックにも適用されており、対費用効果の高い方法で、複雑なシステムを保守管理し故障した部品を交換できます。

FRU_controller_ESv2.pngFRU_C2F.png
 

NVRAMキャッシュで書き込みキャッシュデータの紛失リスクを減らす

ランダム書込み性能と信頼性を上げるために、ES1640dc v2はNVRAMモジュール(フラッシュへのコピーを含むDRAM書き込み用キャッシュ) を備え、書き込みデータを保護します。 データがNVRAMに書き込まれると、専用のバッテリーユニットがキャッシュへの書き込みを保護し、同時にデータがバックアップコントローラーに複製されて、データの整合性が100%になります。デュアルコントローラーアーキテクチャのNVRAMが、高いパフォーマンスと耐障害性を実現し、Flash SSDのライトアンプりふぃケーションを抑えます。

NVRAM_ESv2.png

 

ZFSファイルシステムを基盤にしたQESオペレーティングシステム

ES1640dc v2はまったく新しいQES(QNAP Enterprise Storage) オペレーティングシステムを備えていますが、このOSはシンプルで効率的なFreeBSDカーネルと長年の経験から企業向け高性能アプリケーションに最も適していることが証明されているZFSファイルシステムを基盤にしています。QESはデュアルアクティブコントローラーとリモート障害復旧に対応し、OpenStack®クラウド環境に直接統合できます。また、大規模な仮想化とVDIアプリケーションで最適な性能を発揮するように設計されています。 QESはQTSオペレーティングシステムと操作性が同じであり、ユーザーは簡単に操作を習得し、短期間でES1640dc v2を運用できます。現行のQNAP NASとの組み合わせで最高のストレージソリューションとなります。

QES_v2.png

 

QNAP Enterprise ZFS NASとQESオペレーティングシステムの概要

QES
QNAP Enterprise System
QTS
QNAP Turbo NAS System
ハードウェアプラットフォーム Enterprise ZFS NAS
ES series NAS
QNAP Turbo NAS
TS / TVS / TAS / TDS series
オペレーティングシステムカーネル FreeBSD Linux
ファイルシステム ZFS Ext4
myQNAPcloud はい はい
File Station はい はい
App Station いいえ はい
Virtualization Station いいえ はい
Container Station いいえ はい
デュアルアクティブコントローラー はい いいえ
NVRAM (Write to cache) はい いいえ
40G Ethernet ネットワーク はい はい
Intel Quick Assist いいえ はい
スナップショット上限 65536 1024
シングルLUNスナップショット上限 65536 1024
重複排除 はい いいえ
リアルタイムデータ圧縮 はい いいえ
エンドツーエンドのデータ整合性 はい いいえ
アプリケーションの一貫性 スナップショットエージェントVSS ハードウェアプロバイダー(QNAP NetBak Replicator) スナップショットエージェントVSS ハードウェアプロバイダー(QNAP NetBak Replicator)
リモート障害復旧/バックアップ SnapSync スナップショットレプリカ



ZFS – ビジネスデータストレージに最適なファイルシステム

ES1640dc v2はファイルシステムと論理ボリュームマネージャーを組み合わせたZFSを採用し、強力なストレージ拡張、柔軟なストレージプール、シンプルな管理、高性能SSDキャッシュ、ほぼ無制限のスナップショットとクローン作成、データの重複排除、インライン圧縮、再生可能なシンプロビジョニングなど、企業向け高性能ストレージのためのさまざまな最新機能に対応し、仮想マシンストレージを最適化して活用できます。ZFSはデータ整合性を中心に設計されています。エンドトゥエンドのチェックサムを利用して、ハードウェアの故障、ファームウェアのバグ、メタデータのエラーを原因とする無症状のデータ破損を検出し、訂正し、ユーザーのデータを効果的に保護します。

ZFS_ESv2.png

 

重複排除と圧縮でVDIストレージの性能を最大限に引き出す

仮想デスクトップに分散するアプリケーション全体とOSイメージのデータが90%重複するということがあり得ます。ES1640dc v2はブロックベースで冗長データの重複を排除し、ストレージ利用を最適化します。仮想デスクトップに重複排除を適用することで、キャッシュの負荷が軽くなり、仮想デスクトップの最適な性能が得られます。インラインデータ圧縮がデータサイズを縮小し、ストレージ利用をさらに最適化します。ES1640dc v2は仮想化環境のストレージを極めるものであり、最も対費用効果が高いリモート仮想デスクトッププラットフォームとミッションクリティカルな情報の基盤を企業に提供します。

Data_Deduplication.png

 

ほぼ無制限のスナップショットとSnapSyncによる強力な障害復旧

ES1640dc v2はiSCSI LUNと共有フォルダーのスナップショットを最大65,536個取得できます。リモートスナップショットバックアップを実行するときは、変更されたデータのみを転送します。重複排除と圧縮を利用することで、転送するデータの量が大幅に減ります。ES1640dc v2はSnapSyncを利用し、最短で5分毎という短い間隔でスナップショットをリモートバックアップできます。VMware vCenter Site Recovery(SRM) 技術に完全対応し、SRMにStorage Replication Adapter(SRA) を提供します。エンタープライズクラスのリモートバックアップ/障害復旧ソリューションで事業継続性の要求を満たします。

Snapsync_ESv2.png

 

データを守る多機能バックアップソリューション

backup.png

QNAP NetBak Replicatorは使い勝手がよく、VSSに対応したバックアップソフトウェアです。高額で複雑な市販のソフトウェアを購入しなくても、データセンターと仮想化環境間で完全なバックアップを構成できます。QNAPスナップエージェントとVSSハードウェアプロバイダーの運用環境を構築するために、すべてのアプリケーション(VSSサービス、リクエスター、プロバイダー、QNAPスナップエージェントなど) をVSS対応アプリケーションで同じサーバーに展開できます。1台のES1640dc v2と1台のサーバーがあれば運用できます。

 

包括的な仮想化アプリケーションのストレージ

virtualization_kvm-2016.png

ES1640dc v2はVMware® vSphere 6.0認定であり、Microsoft® Hyper-VとKVMとの互換性があります。仮想化環境に柔軟に導入し、管理できます。ES1640dc v2はVMware VAAIとMicrosoft ODXをサポートし、それぞれ、ESXiサーバーとHyper-Vサーバーの負荷のオフローディングにより性能を向上します。また、QNAP vSphere Clientプラグイン、Webプラグイン、QNAP SMI-Sプロバイダーをサポートし、仮想化アプリケーションの運用と管理の効率を改善します。

 

OpenStack対応

QNAP初の「OpenStack対応」製品ラインであるES1640dc v2は仮想化環境と仮想デスクトップ環境に最適であるだけでなく、クラウドアプリケーション用途に最高の選択肢です。QESはOpenStack® CinderとiSCSI Cinder Nodeドライバーをサポートし、ブロックレベルのストレージ領域を仮想マシンに提供します。iSCSIを利用して仮想マシンを短期間で導入し、仮想マシンイメージのアクセスが効率的になるだけでなく、市販のクラウドストレージプラットフォームと簡単に統合できます

OpenStack_ESv2.png

 

QNAP x Platform9:OpenStackを用いたハイブリッドクラウドの導入

Platform9はクラウドベースのOpenStack管理プラットフォームです。純粋なOpenStack環境を適切に導入するには数週間かかることがありますが、Platform9でそれは数分で行うことができます。QNAPとPlatform9は、OpenStack環境の導入と運用を容易にする強力なストレージソリューションを提供するために力を合わせてきました。QNAP ES1640dc v2とPlatform9ソリューションを組み合わせて採用することにより、統合されたQNAP Cinderドライバー使って、非常に短時間でOpenStackを導入することができます(手動インストールは不要です。そして、オンサイトデータ向け高可用性QNAPストレージを実現し、QNAPのエンタープライズグレードや手頃な価格のビジネスクラスのストレージソリューションに用意されている包括的な機能とアプリケーションを活用できます

Platform9.png

 

5 年の保証 - 3年グローバル保証を含む

5_Years_Warranty_GB.png

QNAP の ES1640dc v2 は5 年の保証を提供します。これには無償で 3 年のグローバル保証が付きます。 この特別な保証は継続的運営と中断のないサービスをお客様に届けるという重要なビジネスニーズを QNAP が重視した結果として生まれました。

 

シームレスな容量拡張

ES1640dc v2では、複数のQNAP RAID拡張エンクロージャーをカスケード接続することで効率的に容量を拡張し、増え続けるビジネスデータに対応できます。企業にとって対費用効果の高いストレージソリューションとなり、大量のデータをアーカイブしたり、仮想化アプリケーションに利用したりできます。
デュアルコントローラーとデュアルループアーキテクチャを備えたES1640dc v2とJBOD拡張エンクロージャーの組み合わせでデュアルチャンネル (デュアルパス) が実現し、1つのノードが故障してもサービスが中断されません。mini-SASケーブルの破損により外部JBODケーブルが絶たれても、通常の動作が続けられます。この機能は、より良いインターマシンデータ保護と容量拡張のために重要です。

QNAP拡張エンクロージャーを接続して利用できる最大SSD/HDD数:

RAID拡張エンクロージャーエンクロージャー数合計HDD数 (NAS + エンクロージャー)
EJ1600 v2 7 128
6 112
5 96
4 80
3 64
2 48
1 32