• [HBS3]2つのQTSシステムの間でのアクセス権の移行

アンサーID : 011481

Q

[HBS3]2つのQTSシステムの間でのアクセス権の移行

A

 

2つのQTSシステムの間でのアクセス権の移行方法についてご案内致します。

 

   image006

 

 

  1. 両方のNASには同じユーザーが同じ順序で並んでいなければなりません。
    両方のNASで [コントロールパネル] > [ユーザー]に進みます。両方のNASのユーザーが同じであることを確認します。 
    image001 
    ヒント①
    [作成] > [インポート/エクスポート ユーザー] (.binファイル) をクリックすることで、NASとユーザーの間で、エクスポート/インポートが行えます。
    ヒント②
    アクセス権の移行は、NAS ユーザー UIDにリンクしています。
    ユーザーUIDをチェックするには、SSHでのユーザーUIDの確認をご参照ください。
    image002
  2.  NAS共有フォルダーが作成され、同じアクセス権が割り当てられていることを確認してください。(NASユーザー).コントロールパネル > 共有フォルダー に進みます。
  3. 移行する共有フォルダーを選択します。
  4. 共有フォルダーの権限を編集するためにhbs3_v12_06をクリックします。
    image003
  5. 移行する許可を選択します。以下の設定に従います。
    拡張フォルダー許可 (POSIX) を有効にする: Web UIからフォルダのアクセス権を設定することができます。
    Windows ACLサポート (NT)を有効する:Windowsのエクスプローラからアクセス権を設定することができます。 (この設定はQTSのみで設定可能)
  6. [コントロールパネル] > [権限] > [共有フォルダー] > [詳細権限]に進みます。
    image004image008
  7. HBS3ジョブを作成します。
  8. ACLと拡張属性を選択します。
    image012
  9. ファイルとフォルダーの許可が移行されます。

 

 

QTSからQTSへの移行

 

許可を選択するにはソースとターゲットが必要です。

 

  • ・拡張フォルダー許可 (POSIX): NASフォルダへのアクセス権の許可
  • ・Windows ACLサポート (NT): Windowsフォルダへのアクセス権の許可
  • O : 移行されたユーザー権限
  • X : 移行されないユーザー権限

 image007

例:ソースとターゲット両方のNASの設定がPOSIX:オン・NT:オンの場合、POSIXとNTのユーザー権限は移行されます。

 

 

 

011481 HBS3 Hybrid Backup Sync QTS QuTS hero データ 移行 フォルダー許可 HybridBackupSync Hybrid Backup Sync

Last update: 2021/07/16

Force Mediaサイトトップへ

ページの先頭へ