現在位置: ホーム / 会社情報 / プレスリリース / 2015年 / QNAP Turbo NASシリーズのデスクトップタイプ ビジネス向けミッドレンジモデル、SOHOおよびホームユーザー向けモデルを一新

QNAP Turbo NASシリーズのデスクトップタイプ ビジネス向けミッドレンジモデル、SOHOおよびホームユーザー向けモデルを一新

報道関係者各位

2015.12.1

株式会社フォースメディア

 

QNAP × ForceMedia
QNAP Turbo NASシリーズのデスクトップタイプ ビジネス向けミッドレンジモデル、
SOHOおよびホームユーザー向けモデルを一新

QNAPの正規輸入代理店である株式会社フォースメディア(本社:東京都品川区 代表取締役:池田譲治)は、好評販売中のQNAP社Turbo NASシリーズの新機種として、ビジネス向けデスクトップ製品4機種、SOHOおよびホームユーザー向けデスクトップ製品2機種を発売いたします。

TS-x53Aシリーズは、現在のデスクトップタイプのビジネス向け主力製品であるTS-x53Proシリーズの後継に位置付けられる製品で、8ベイ、6ベイ、4ベイ、2ベイの4機種をラインナップしています。CPUにクアッドコア Intel® Celeron® N3150 1.6GHz(Turbo Boost時2.08GHz)を搭載し、メモリはDDR3L RAMを標準で4GB搭載(最大8GB)、ネットワークはギガビットイーサネットを4ポート(2ベイモデルは2ポート)を備えています。 また、ビジネス上の高いセキュリティ要求に対応するためにAES-NIによるハードウェア暗号化機能を標準で搭載、暗号化を行っても非暗号化時と同等の性能を発揮します。

TS-x51+シリーズは、TS-x51シリーズの後継に位置付けられるデスクトップタイプの製品で、4ベイ、2ベイの2機種をラインナップしています。CPUにクアッドコア Intel® Celeron® 2.0GHz(Turbo Boost時2.42GHz)を搭載し、メモリはDDR3L RAMを標準で2GB搭載(最大8GB)、ネットワークはギガビットイーサネットを2ポート備えています。 クアッドコアプロセッサ搭載により従来モデルに比べ処理性能が向上、ファイル管理だけでなくマルチメディアアプリケーションの利用、HD動画再生、動画ファイルのトランスコードなどを積極的に行うホームユーザーに最適です。また、SOHOにおけるビジネス用途でも十分ご活用いただけます。

QNAPのOSとして定評のあるQTSも更に進化を遂げ、大幅に改善されたスナップショット機能や世代管理機能を追加したバックアップ機能を提供します。 さらに、仮想化プラットフォームとして、TS-x53AシリーズおよびTS-X51+シリーズ上で複数の仮想マシンを実行させたり、LXCとDockerを独自に統合したコンテナ技術により、複数のLinuxシステムを運用することができます。

フォースメディアでは、HDDとNASの互換性を保証した「HDD搭載モデル」を機種毎に用意しています。また、導入後の安定した運用をサポートし、安心してご利用いただけるフォースメディア独自のサポートも、オンサイト保守(1年~5年)、先出しセンドバック保守(1年~5年)から選択可能で、24時間365日サービスにも対応しています。

 

製品画像

TS-853A TS-653A
TS-853A TS-653A
TS-453A
TS-453A TS-253A
TS-451+ TS-251+
TS-451+ TS-251+

製品の詳細は下記URLをご参照ください。

 

出荷開始

2015年12月中旬

 

QNAP Systems,Inc.について

QNAP Systems,Inc.は2004年の設立後、優れた設計によるNASストレージで躍進。台湾本社のほか、中国や米国にも現地法人を持ち、グローバルにビジネスを展開し、業界のリーディングカンパニーの地位を得ました。
詳細情報は同社ホームページをご参照ください。

 

株式会社フォースメディアについて

フォースメディアは、ITシステムの基本性能を支えるメモリー、ストレージ製品を中心に海外の優れたグローバルブランドをご紹介、ご提供するとともに、自社オリジナルブランドを通してお客様のより豊かなITライフをご支援することを目的として設立いたしました。

 

お問い合わせ

株式会社フォースメディア  営業部
E-Mail:お問い合わせフォーム

〒141-0022 東京都品川区東五反田1-13-12 いちご五反田ビル4F
TEL:03-5798-5609 FAX:03-5798-5602