現在位置: ホーム / 会社情報 / プレスリリース / 2016年 / 10Gbイーサネットポートを内蔵したビジネス向けの低価格 8ベイNASを発売

10Gbイーサネットポートを内蔵したビジネス向けの低価格 8ベイNASを発売

報道関係者各位

2016年7月26日

株式会社フォースメディア

 

QNAP × ForceMedia
10Gbイーサネットポートを内蔵したビジネス向けの低価格 8ベイNASを発売

QNAPの正規販売代理店である株式会社フォースメディア (本社所在地 : 東京都品川区、代表取締役社長 : 池田 譲治) は、好評販売中のQNAP社Turbo NASシリーズの新機種として、10Gbイーサネットポートを内蔵した低価格のビジネス向け8ベイNAS TS-831Xの販売を開始致します。

TS-831Xは、Annapurna Labs製のクアッドコアARMプロセッサーを採用し、10GbE SFP+ポートを2つ内蔵したビジネス向け8ベイNASで、低価格ながら大容量かつ拡張性に優れたストレージソリューションを提供します。

製品の特長は次のとおりです。

  • Annapurna Labs Alpine AL-314 クアッドコア 1.4 GHz ARM Cortex-A15 プロセッサーを採用、標準8GB、最大16GBのDDR3 RAMを搭載します。

  • 10GbE SFP+ポートを2つ内蔵し、高速なネットワークストレージ環境を低価格で実現します。

  • AES256ビットのハードウェア暗号化でNASボリューム全体を保護、高いセキュリティ要求に対応します。

  • SSDキャッシュに対応し、ファイルアクセスを高速化します。

  • USB接続の拡張エンクロージャを2台追加して、最大192TBまで拡張できます (8TB HDD使用時)。

  • VJBOD (仮想JBOD) 機能を使えば、さらに8台までのQNAP NASをネットワーク接続してストレージを拡張できます。

  • Amazon S3, Glacier, Microsoft Azure, Google Cloud Storage, OneDirve, Google Drive, Dropbox, Boxなど、多くのクラウドサービスとの連携が可能です。

  • LXCとDockerの軽量仮想化技術を統合したContainer Stationを利用すれば、TS-831X上で複数のLinuxを運用したり、内蔵のDocker Hub Registryからアプリケーションをダウンロードしたりできます。

フォースメディアでは、HDDとNASの互換性を保証した「HDD搭載モデル」を機種毎にご用意しています。また、導入後の安定した運用をサポートし、安心してご利用いただけるフォースメディア独自のサポートも、オンサイト保守 (1~5年)、先出しセンドバック保守 (1~5年) から選択可能で、24時間365日サービスにも対応します。

 

製品画像

製品の詳細は下記URLをご参照ください。

 

出荷開始

2016年7月 (販売中)

 

QNAP Systems,Inc.について

QNAP Systems, Inc.は、2004年の設立後、優れた設計によるNASストレージで躍進。台湾本社のほか、中国、米国、日本などにも現地法人を持ち、グローバルにビジネスを展開し、業界のリーディングカンパニーの地位を得ました。
詳細情報は同社ホームページをご参照ください。

 

株式会社フォースメディアについて

フォースメディアは、ITシステムの基本性能を支えるストレージ、メモリー製品を中心に海外の優れたグローバルブランドをご紹介、ご提供するとともに、自社オリジナルブランドを通してお客様のより豊かなITライフをご支援することを目的として設立いたしました。

 

お問い合わせ

株式会社フォースメディア  マーケティング部
お問い合わせフォーム

〒141-0022 東京都品川区東五反田1-13-12 いちご五反田ビル4F
TEL:03-5798-5609 FAX:03-5798-5602