現在位置: ホーム / 会社情報 / プレスリリース / 2017年 / 【重要】 QNAP NAS製品のデータ破損リスクに対するファームウェア更新のお知らせ

【重要】 QNAP NAS製品のデータ破損リスクに対するファームウェア更新のお知らせ

お客様各位

2017年8月7日

株式会社フォースメディア

【重要】 QNAP NAS製品のデータ破損リスクに対するファームウェア更新のお知らせ

 

拝啓、
残暑の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は一方ならぬお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、QNAP社が2017年7月25日にリリースしたテクニカルアドバイザリーにおいて、QNAP NAS製品の幅広いモデルでデータ破損が生じる問題が報告されております。
本障害は、RAID 5またはRAID 6構成でのみ発生致します。RAIDが正常稼働しているときは障害が発生せず、ドライブの故障が発生したときに、ごくまれに潜在的なデータ破損が起きる可能性があります。
この問題を解決するために、ファームウェアの更新およびデータの整合性チェック機能の実行をお願い致します。

ユーザーの皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。

敬具

 

 

Technical Advisory (QNAP)

RAID 5/6を使用したNASでの無症状のデータ破壊の可能性に関するQTSの重要な更新
https://www.qnap.com/ja-jp/technical-advisory/tec-201707-01/

 

現象

  • RAID 5またはRAID 6の構成において、ごくまれにパリティ計算のエラーが発生し、データ破損が起きる可能性があります。
  • RAIDが正常稼働しているときは、データ破損は生じません。
  • 1台のドライブ (RAID 6の場合は最大2台) が故障した場合 (デグレードモード)、データ読み込み時にパリティを使用してデータ復元を行いますが、計算エラーが発生した場合に、データを正しく読み込めなくなります。

 

対象機種

下記に記載のないすべてのモデル (下記モデルは影響を受けません)

影響を受けないモデル
1ベイ、2ベイ:
すべてのモデル
4ベイ:
SS-439 Pro
TS-409 / TS-409 Pro / TS-409U
TS-410 / TS-410U
TS-412 / TS-412U
TS-419P / TS-419P+ / TS-419P II / TS-419U / TS-419U+ / TS-419U II
TS-420 / TS-420-D / TS-420U
TS-421 / TS-421U
TS-431 / TS-431U
TS-439 Pro / TS-439 Pro II / TS-439 Pro II+ / TS-439U-RP/SP
TS-459 Pro / TS-459 Pro+ / TS-459 Pro II / TS-459U-RP/SP / TS-459U-RP+/SP+
TS-469 Pro / TS-469L / TS-469U-RP / TS-469U-SP
5ベイ:
TS-509 Pro
TS-559 Pro / TS-559 Pro+ / TS-559 Pro II
TS-569 Pro / TS-569L
6ベイ:
TS-639 Pro
TS-659 Pro / TS-659 Pro+ / TS-659 Pro II
TS-669 Pro / TS-669L
8ベイ:
SS-839 Pro
TS-809 Pro / TS-809U-RP
TS-859 Pro / TS-859 Pro+ / TS-859U-RP / TS-859U-RP+
TS-869 Pro / TS-869L / TS-869U-RP
12ベイ:
TS-1269U-RP

 

問題が発生する条件

下記のすべてに該当する場合に影響を受けます。

  • 前出のリストに記載のないモデル
  • RAID 5またはRAID 6を使用している
  • 下記のいずれかのQTSバージョンを使用している
    4.2.x : 4.2.1 から 4.2.5 までのバージョン
    4.3.x : 4.3.3.0154 build 20170413 より前のバージョン

 

解決方法

  • ファームウェアの更新
    QTS 4.3.3.0238 build 20170703 以上のインストール
  • RAIDスクラビングの実行

 

作業手順

1. ファームウェアの更新

  • QTSにAdminユーザーでログイン
  • コントロールパネル > システム > ファームウェア更新
  • QNAPのホームページからファームウェアをダウンロードすることもできます。
    http://www.qnap.com/jp/download

※ データ消失のリスクを避けるために、事前のデータバックアップを強く推奨します。

p20170807_1.png

 

2. RAIDスクラビングの実行

RAIDスクラビングは、RAIDのパリティ整合性のチェックと修正を行う機能です。

  • ストレージマネージャ > ストレージ領域
    対象のストレージプールを選択して、「管理」をクリック

p20170807_2.png

 

  • 対象のRAIDグループを選択し、「管理」から「データスクラビング」を実行

p20170807_3.png

 

  • QTSタスクバーの「バックグラウンドタスク」などから進捗の確認ができます。

p20170807_4.png

  • RAIDスクラビングはバックグラウンドで行われますので、通常の業務にはほとんど影響がありません。
  • スクラビングにかかる時間は、ストレージ容量とアクセスの負荷状況によって大きく変わります。

 

  • ログの確認
    コントロールパネル > システム > システムログ

p20170807_5.png

 

  • RAIDスクラビングを定期的に起動するようスケジュールすることができます。
    信頼性向上のため、1ヶ月に1回を目安に実行することを推奨します。
  • ストレージマネージャより「グローバル設定」をクリック

p20170807_6.png

 

お問い合わせ

株式会社フォースメディア カスタマーサポートセンター
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ:03-5798-5609 (平日 10:00~17:00)