現在位置: ホーム / 会社情報

社長挨拶

CEO メッセージ

株式会社フォースメディアは、代表の私が法人向けから一般コンシューマー向けまで様々なITプロダクトを取り扱ってきた長年の経験をもとに2010年に設立いたしました。弊社は海外の優れたテクノロジー製品を単に日本市場にご紹介する商社機能だけでなく、日本国内のお客様に最適な状態でお使いいただくことができるように、独自にハードウェア、ソフトウェアの品質評価、ソリューションの構築を行い、高品質のサービス、サポート体制と合わせてお客様にお届けしております。

第10期(2019年12月期)は、お客様からの強いご支持を得て、取り扱い各種製品の売上高は前年比130%以上の成長を実現し期初の想定を上回る好業績となりました。

VIVOTEKの監視カメラ製品は、台湾製品であることの安全性、信頼性、監視から録画までのAIによる解析機能やリテールビジネスでのBIへの統合機能など高機能で豊富なラインアップから導入実勢を積み重ねて予定の200%の成長をクリアし、今期はさらなるステージへの展開を確かなものとしています。

ネットワークストレージのトップブランドであるQNAP製品は、DX(デジタルトランスフォーメーション)によるビジネス変革やそれに伴うデータの増大が爆発的に進む中、大手企業のセカンダリーストレージ、中小企業や小規模事業所でのメインストレージとして、また文教市場、公官庁、研究所といった様々な業種で幅広く導入いただけました。特にQNAP製品のコストパフォーマンスの良さはお客様から高く評価され、不透明な経済状況の中であってもTCOに優れたネットワークストレージの選択肢として今後も支持いただけることを確信しております。

2019年12月に文部科学省による「GIGAスクール構想」がいよいよスタートしました。児童生徒1人1台のPCとそのバックボーンとなるネットワークの整備が第1段階ですが、その次には教室における電子黒板が課題となります。Newline製品のタッチスクリーンは65インチから最大86インチのラインアップを擁し、教育やコラボレーションに最適なソフトウェアを内蔵しています。タッチスクリーン製品も前期から大きく伸びており、今後はICT分野での本格的な成長が期待できます。

今年は年初からの新型コロナウイルスによる感染拡大の影響がグローバルに及び、サプライチェーンの分断や混乱が発生していますが、弊社では各種製品の在庫の確保に努め、お客様への安定した製品の供給に努力いたします。

CEO signature