現在位置: ホーム / Newline / タッチスクリーン / Xシリーズ

Windows PC搭載のインタラクティブタッチスクリーン Xシリーズ

インタラクティブタッチスクリーンX7

Newline(ニューライン)のインタラクティブタッチスクリーンXシリーズは大画面にWindowsPC、複数のフルHDカメラ、マイク、タッチパネル、ネットワーク機能を全て搭載。初めての人でもトレーニングは不要で直感的に操作することができます。この一台で、ビデオ会議、プレゼンテーション、資料共有、マルチタッチのホワイトボード機能を活用できます。

電源ONですぐに使える小型組込みWindowsPC(X-PC)を標準搭載

Windows(*)がインストールされた小型組込PC(X-PC)を標準搭載しているので、大画面で普段利用しているアプリケーションを使うことができます。Xシリーズ本体から直接ネットワーク上のファイル共有フォルダ等に保存されている各種データにアクセスできるため、これまでのように表示用のパソコンを別途準備する必要がありません。

Windows 10搭載のOPS

 

臨場感のあるテレビ会議を実現するフルHDカメラ、マイク、スピーカーを搭載

テレビ会議参会者を広く捉える本体の中央上下に設置されたカメラとマイクロフォン、音声出力用に前面スピーカーを搭載しているので、Windows対応の各社のUC(ユニファイドコミュニケーション)ソフトウェアやWeb会議サービスと組み合わせることで、別途テレビ会議専用機器を追加することなく単体で遠隔間をつないでテレビ会議システムとして利用できます。
本体にはフルHDの高画質カメラを搭載し、鮮明で臨場感のある画像を捉えることができます。また前面上部に搭載した無指向性マイクロフォンにより遠隔地へクリアな音声を送信します。前面2箇所に搭載された出力15Wx2台のスピーカーは、広い会議室でも聞き取りやすい音声を再生できます。

X7説明図

 

プレゼンテーション、資料を大画面に表示して情報セキュリティを推進

パワーポイントなど、普段お使いのオフィスソフトをそのままご利用できるので、紙の資料を準備せずに大画面に資料を表示できます。単に事前コピーの手間や紙の削減だけでなく、資料の置き忘れ、紛失による情報漏洩を防ぐ効果もあります。
また、表示するプレゼンテーションやデータはアクセスが制限された共有フォルダから表示させれば、メールなどで事前に配布する必要もなく、閲覧者を特定することもできるので、データの流出を防ぐ事もできます。

企画書に書き込みしながらプレゼンテーション

手書きモードで外部接続機器やX-PCの画面を表示していても、画面上に直接書き込むことができます。プレゼンテーション中に画面の左右に表示されている機能アイコンをタッチすれば、手書きモードが起動します。ペンの種類や色、太さを選択し、画面に書き込んで説明の補足やポイントの強調など、プレゼンテーションの理解を深めることができます。

プレゼンテーションに書き込み

ホワイトボード機能を使って、いつでもディスカッション

手書きモードの他にホワイトボードモードを選択することもできます。背景に外部接続機器画面を表示せずに、アナログのホワイトボードのように使うこともできるので、プレゼンテーションだけでなく、アイデアを書きながらのディスカッションなど用途に応じた使い方ができます。また、ホワイトボードモードでは、スライドを作成することができるので、元の書き込みを残した状態で、新しい書き込みを始めることができます。作成したスライドは、サムネイルとして一括表示をすることもできるので、特定のスライドにも簡単に戻ることができます。

X7ホワイトボード機能

画面を保存して議事録資料を作成

手書きモードやホワイトボードモードで書き込んだ状態を画面キャプチャしたデータをシステム内に一時的に保存できます。一時保存されたデータはシステム終了時に、USBメモリやSDカードに保存したり、電子メールの添付ファイルとして送信することができるので、後から議事録資料として電子データで配布することも可能です。

会議内容は自動的に消去されセキュリティも万全

本体に一時的に保存されたデータは、システムを終了時に自動的に削除されるので、ホワイトボードの消し忘れやメモ書きをしたプレゼンテーションページ置き忘れのようなデータ流出の心配もありません。

専用ペンソフトでさらに使いやすく

Windows環境のX-PCには、ホワイトボード機能とは別の専用のペンツールを標準インストールしており、より効果的な書き込み機能を実装しています。X-PCの表示画面上に書き込むことはもちろん、指定した範囲を切り取って画像として保存したり、スポットライト機能で指定した特定の位置だけを表示したりできます。
キャプチャデータの保存は、Windows内のフォルダやUSBへの保存はもちろん、共有フォルダへ保存することもできるので、あらためてデータを配布する手間も減らせます。

*Windows 10 Professional (64bit)をインストールして出荷いたします。DSP版ため、OSのサポートはお客様から直接Microsoft社にお問い合わせください。

お問い合わせ

 

製品紹介ビデオ

お問い合わせ