現在位置: ホーム / Panasonic / データアーカイバー LB-DH8シリーズ

データアーカイバー LB-DH8シリーズ

お知らせ  パナソニック社のサイトに『第5回 ビッグデータ活用展 秋』の出展レポートが掲載されました。

データ長期保存に適した高信頼性・低運用コストの光ディスクストレージ。
スケーラブルなモジュール構成によりユーザーニーズにフレキシブルに対応。

データアーカイバーLB-DH8シリーズは、ますます高まるデータセンター・ビジネスの長期保存用途に応える、スケーラブル光ディスクライブラリーシステムです。パナソニックの光ディスクドライブ技術、メディア技術、そして高度なロボティクス技術を結集することにより、長期保存に適した高い信頼性とともに、データの増大にスケーラブルに対応するモジュール拡張構成を実現しました。

光ディスク12枚を格納したデータアーカイバーマガジンは、1本あたり1.2TBのデータ保存が可能です。これを76本まで装填可能なベースモジュール(マガジン録再装置)と拡張モジュール(マガジン装着装置)は1モジュールで最大91.2TBの大容量を備えます。システムは、このベースモジュール、ボトムモジュール(マガジン移送装置)、拡張モジュールの3種類のモジュールと、マガジン管理ソフトウェアを組み合わせる構成になっています。 19インチラックに拡張モジュールを増設することで、データ量に応じたフレキシブルなシステム構成が可能です。最大7台のモジュール構成時には、1ラックで最大638.4TBの大容量を実現します。

データアーカイバーには、RAID 技術を応用しています。12台のドライブユニットでデータアーカイバーマガジンに格納した12枚の光ディスクを並列動作することにより、最大216MB/sの高速データ転送性能と、不測の障害からデータを保護する高い信頼性を確保しています。100年※1の保存寿命により定期的なデータ移し替え不要な光ディスクメディアと、スタンバイ時わずか7W※2の低消費電力によりデータセンターの運用コスト削減に貢献します。

※1: 当社実施の加速試験結果から、30℃70%RHの環境下でのディスク寿命を100年以上と推定。
※2: 最小構成(ベースモジュール+ボトムモジュール)の場合(DC24V入力時)

 

ページトップへ戻る

 

増大するデータに対応するスケーラブル・モジュール構成

大容量・高信頼性・高速データ転送を実現

新開発のロボティクス技術によりモジュール構成を実現しました。ボトムモジュールに搭載したマガジンキャリアが、モジュール内に格納されたデータアーカイバーマガジンを録再ユニットに高速に搬送します。録再ユニットではデータアーカイバーマガジン内の12枚のディスクをローディングすることにより、大容量データの書き込み・読み出しがスムーズに行えます。

さらに12枚の光ディスクにRAID技術を適用し、ディスクに分散記録することにより、最大216MB/s(RAID 0適用時)の高速データ転送性能を実現しています。データにパリティを付加することにより、RAID5やRAID6にも対応し、耐障害性の要求レベルに合わせて選択することが可能となっており、ドライブやディスクに不測の障害が発生しても、高い可用性と信頼性でデータを保護します。

100年※1の保存寿命により定期的なデータ移し替え不要な光ディスクメディアと、スタンバイ時わずか7W※2の低消費電力により、運用コストを削減します。

※1: 当社実施の加速試験結果から、30℃70%RHの環境下でのディスク寿命を100年以上と推定。
※2: 最小構成の場合(DC24V入力時)

 

スケーラブルな構成によりフレキシブルな運用を実現

システム最小構成は、ボトムモジュール1台とベースモジュール1台の構成です。初期投資を抑えて導入・運用できます。ベースモジュールには1.2TBのデータアーカイバーマガジンを76本装填して記録再生でき、最大91.2TBの大容量を実現します。

これに同じく76本のデータアーカイバーマガジンを装填できる拡張モジュールを追加することにより、保存データ量に応じたストレージの増設が可能です。EIA規格19インチラックに7台のモジュールを構成することで、最大638.4TB(RAID 0適用時)の大容量を低ビットコストで実現します。拡張モジュールは録再ユニットの有無を選択でき、ユーザーニーズに合わせたフレキシブルなシステム運用が可能です。

装置の奥行きサイズは927mm(突起部含む)で、データセンターにおいて標準的な奥行きサイズである1,000mmラックに搭載でき、既設環境への導入が容易です。

 

 

モジュール構成

最小構成 ボトムモジュール1台、ベースモジュール1台
初期投資コストを抑えて導入可能。最大91.2TBのデータ保存が可能。
最大構成1 ボトムモジュール1台、ベースモジュール1台、拡張モジュール(録再ユニットなし)6台
最大638.4TBのデータ保存が可能。データセンター等で、コールドアーカイブ※3用途での低ビットコスト保存を行う際に、最適な構成。
最大構成2 ボトムモジュール1台、ベースモジュール1台、拡張モジュール(録再ユニットあり)6台
最大638.4TBのデータ保存が可能。さらに、合計7台の録再ユニットにより複数のマガジンへの同時書き込みと読み出しも実現でき、マルチアクセス要望にも対応可能。

※3: 使用頻度は少ないが、廃棄できないデータをすぐにオンラインで使えるように長期保存すること。

ページトップへ戻る

 

専用の管理ソフトウェアで簡単管理

データアーカイバーマネージャー(サーバOS/Windows対応)

付属のデータアーカイバーマネージャーソフトウェアを使用して、既設のITシステムにLAN経由で容易に接続することができます。ネットワークプロトコルにCIFSを採用、NASヘッド機能を実現すると共に、複数台のデータアーカイバーと全てのデータアーカイバーマガジンをまとめて1つの論理ボリュームとして管理できます。

※ Windows Server 2008 R2に対応。

 

 

データアーカイバーマネージャー(サーバOS/Linux対応)

オブジェクトストレージの技術を用いて、大規模システムに対応できるLinuxに対応のデータアーカイバーマネージャーを新たに開発しました。REST※4ベースのAPIを使用したファイルの入出力制御を行い、マガジン管理に対応。シングルネームスペース機能※5で、大規模なアーカイブデータを管理でき、スケーラブルなストレージを構成することができます。また、NASヘッド機能の実現も可能です。

※4: Representational State Transfer、全てのリソース(ファイル)に固有の識別子(URI)を付与し、HTTPでアクセスする方法。
※5: ネットワーク上のデータを一意なURLで表す機能。大量データの保存拡張性に優れた方式。

※ プロキシノード:ファイルを各ストレージノードに分散配置する役割をもつサーバー。
※ ストレージノード:データアーカイバーが接続され、ファイルをマガジンに保存するサーバー。
※ NAS ヘッドは仮想サーバーでの構築も可能です。
※ お客様の利用状況によって構成は変わります。ご利用状況によっては、1台のサーバーでの構築も可能です。
※ NAS 接続の場合、Windows 対応と同様の構成も可能です。

 

ページトップへ戻る

 

さらに向上した運用性・メンテナンス性

マガジン交換

 

モジュール・ユニット交換

ボトムモジュール、および録再ユニットなどの主要構成部品はラック搭載状態のままで簡単に交換が可能です。

ページトップへ戻る

 

信頼性とコスト性を備え、データの長期保存に適した光ディスク・メディア

データアーカイバーマガジン

 

Blu-ray Disc™

ページトップへ戻る