現在位置: ホーム / QNAP / 製品情報 / 企業・データセンター向け / TDS-16489U R2

TDS-16489U R2

製品概要製品仕様お問い合わせ
 

デュアルCPU&デュアルOSシステム:QES あるいは QTS いずれかのオペレーティングシステムによる高性能なコンピューターとストレージを実現する完璧な NAS ソリューション

オープン価格

TDS-16489U フロントTDS-16489U リア

intel-xeon_E.pngvm-ready.pngcitrix-ready.pngwindows_2016.pngopenstack.png
 

アプリケーションサーバーとストレージサーバーをひとつのシステムに統合することで、次世代のTDS-16489U R2 は、QES (ミッションクリティカルタスク向けの効率的で信頼性の高いストレージを提供するエンタープライズレベルの OS) または QTS (ストレージサーバーおよび広範なアプリケーションサーバー用の高機能 OS) のいずれかを用いるオプションが提供されます。ファイルサーバー、仮想化サーバー、VDI、中規模データセンター、ビデオストリーミング、監視ストレージ、効率的なファイルバックアップなど多様な活用が可能な、デュアル CPU とデュアル OS オプションをもつTDS-16489U R2 は理想的なソリューションです。

feat-1.png
40GbE/ 25GbE/ 10GbE アダプター、ファイバーチャネルカード、グラフィックスカードなど、アプリケーション性能を高める PCIe カードがインストールできます。
feat-72.png
QESは自己修復をサポートし、無症状のデータ破損を検出し訂正するエンドツーエンドのチェックサムを使用してデータの整合性を高めています。
feat-73.png
QESはストレージ利用効率とデータアクセス性能を最適化するデータ重複排除と圧縮機能をサポートしています。
feat-74.png
QESは効率的なリモートバックアップと災害時復旧ソリューションのためのほぼ無制限のスナップショットとSnapSyncをサポートしています。
feat-3.png
仮想化のための高信頼ストレージ。QTSはVMとコンテナのホスティングをサポート、QESはOpenStack® 環境に対応したブロックレベルのストレージをサポートしています。
feat-67.png
QTSはIOPS 要求の高いアプリケーションに対する書き込み性能を向上させるソフトウェア定義の SSD オーバー プロビジョニングをサポートしています。
 

デュアル Intel® Xeon® E5 プロセッサーによって倍増されたコンピューティングパワー

データ集約型アプリケーションおよび厳しい作業負荷向けに作られたTDS-16489U R2 は、デュアルIntel® Xeon® E5-2600 v4マルチコアプロセッサーを心臓部に、最大1TB クアッドチャネルDDR4 2133MHz RDIMM/LRDIMM RAM (ロングDIMM x16)、12Gb/s SASドライブがデータ転送とアプリケーションに対して傑出した性能を発揮します。CPU要求の厳しいタスクに対する処理能力と、仮想化、ビデオ監視、メディアストリーミングなど日常のアプリケーションが求める能力を提供しつつ、TDS-16489U R2の比類のない性能は、企業がさらなる事業機会を開拓するためのビッグデータ処理能力をさらに引き上げる力を提供します。

 

驚くべきハードウェア設計。素晴らしい、信頼性と革新性

tds-16489u-r2_Hardware.png

  1. デュアル Intel® Xeon® E5 プロセッサー

    複雑で高い作業負荷により効率的に対応するために、高い性能を必要とするコンピューティング能力を発揮。

  2. クアッドチャネル DDR4 RDIMM/LRDIMM RAM

    16メモリスロットで最大1 TB RAMをサポート。クアッドチャネルRAMの利点を活かすにはメモリを4の倍数分導入してください。

  3. 3x SAS 12Gb/秒 コントローラー

    各コントローラーが各ドライブの総帯域を完全に利用できるようにすることで、性能と信頼性を最適化します。

  4. 4x 2.5インチ SSD スロット

    SSD キャッシュをサポートし、IOPS 性能を高めます。QESシステムドライブポートとしても。

  5. IPMI (Intelligent Platform Management Interface)

    IPMI は、リモート管理のためにオペレーティングシステムとは独立しており、TDS-16489U R2 システムの電源が切れていても動作します。IPMI は、ウェブベースの管理インターフェイスをもち、リモート電源断と再起動、ハードウェア監視、ログをサポートします。

  6. 4x 10GbE SFP+ ポート

    10GbEネットワークを完全にサポートし、仮想化や大容量ファイル共有、高速バックアップ/復元といった帯域を多く必要とするアプリケーションの実行に理想的です。

  7. 4x PCIe スロット

    より広範囲のアプリケーションに対応できる 40GbE/ 25GbE/ 10GbE ネットワークカード、グラフィックスカード、QM2 カード、ファイバーチャネルアダプター*、12Gb/秒 SAS HBA。

    *注: ファイバーチャネルアダプターのサポートは QTS 4.4.1 および QES 2.2.0 からご利用いただけます

 

2種類のオペレーティングシステムをサポートする切替可能な NAS

TDS-16489U R2 は、2 種類のオペレーティングシステムを選べる柔軟性をもち、ビジネスが自社のニーズと目標に適合するオペレーティングシステムをそれぞれの段階に応じて展開できるようになります。

QTS_QES_en.png

QES
QNAP Enterprise System
QTS
QNAP NAS System
OS カーネル FreeBSD Linux
ファイルシステム ZFS Ext4
CIFS/FTP/NFS/iSCSI
スナップショット上限 65535 1024
リモート障害復旧/バックアップ SnapSync スナップショットレプリカ
重複排除 バックアップ元の重複除去バックアップデータ
(Hybrid Backup Sync 3.0)
リアルタイムデータ圧縮
エンドツーエンドのデータ整合性
Qtier (自動階層)
アプリケーションサービス
(Virtualization Station、Webサーバー、マルチメディアサービスなど)
App Center
アプリケーションシナリオ • ミッションクリティカルビジネスタスクのための高信頼ストレージ。
• デュアルコントローラ搭載エンタープライズ ZFS NASのための完璧なバックアップストレージ。
• SSD と Qtier 技術を備えた高性能ストレージによるコスト効率の最大化。
• 仮想マシンとコンテナ化されたアプリケーションをホストするためのストレージ。
• QTS サービスを用いたアプリケーションサーバー (Webサーバー、VPNサーバー、FTPサーバーなど)。

注意:

  1. QESまたはQTSを一度にインストールできます。
  2. オペレーティングシステムの切り替えにはディスクの初期化が必要です。オペレーティングシステムの切り替え前に、データがすべてバックアップされていることを確認してください。
 

PCIe拡張をもつ豊富な I/O 機能

TDS-16489U R2 は4つの PCIe スロットを備え (3 x PCIe Gen3 x8、1 x PCIe Gen3 x16)、さまざまな拡張カードを利用してアプリケーションのポテンシャルを拡げます。

40GbE/25GbE/10GbE NIC

仮想化、大容量データ転送、高速バックアップ/復元などの帯域を多く必要とするタスクに対応する超高速スループットを可能に。Mellanox® SmartNIC導入による iSER サポートでNASを強化します。

ファイバーチャネルアダプター

高信頼性と遅延ないデータデリバリが必要な、IOPS 要求の高いアプリケーションやワークフローに対応するファイバーチャネルSANを構築。

注記: QTS 4.4.1とQES 2.2.0からご利用いただけます。

QM2 カード

NASの性能を最適化するためにキャッシュ用にM.2 SATAまたはNVMe SSDを追加します。

グラフィックスカード

QTSビデオ処理とトランスコーディング、そしてGPGPUコンピューティングを加速すると共に、VMへのGPUパススルーに対応します。

12 Gb/秒 SAS HBA

TDS-16489U R2をREXP拡張ユニットに接続し最大1 PBストレージ容量を確保するよう設計されています。

QES - ハイエンドのエンタープライズIT環境用に設計

データ整合性に重点を置いたZFSに適合し、最大の事業継続性をもったエンタープライズレベルのストレージに適しています。

 

QESは重複排除と圧縮をサポートし、VDI ストレージの性能を最大限に引き出します

QESは、ブロックベースのデータ重複排除をサポートし、冗長/連続したデータによって使われるストレージを再生し、インラインデータ圧縮によりファイルサイズを縮小します。いずれの機能もストレージ利用率を最適化し、SSDを使用することで企業にコスト削減をもたらします (オールフラッシュストレージを展開した場合特に)。仮想デスクトップ中に広がったOSイメージとアプリケーションの重複データが90%を超えるVDI環境では、重複排除された仮想デスクトップはより簡単にキャッシュされるようになり、仮想デスクトップの最適な性能が得られます。

Data_Deduplication.png

 

QESは、ほぼ無限のスナップショットとSnapSyncを用いてリモートバックアップをスムーズに行います。

QES は iSCSI LUNに対する65,535個のスナップショットと共有フォルダー (毎時1つのスナップショットが作られる場合、1日に24個のスナップショットとなり、7年分のスナップショットを削除せずに作成可能) をサポートし、ブロックレベルのSnapSyncを用いてスナップショットをリモートサーバーに複製します。プライマリサイトで障害が発生した場合、完全で効率的なSnapSyncがビジネスを支援し、重要なサービスを最短時間で再開させます。

QES-img.png

事業継続性

コピーオンライト技術により、QESのスナップショット作成は実行中のデータ書き込みには影響を与えることなく瞬時に行えます。SnapSyncは、増分バックアップ、リアルタイム重複排除と圧縮をサポートします。ソースTDS-16489U R2は、メタデータを圧縮する前に重複排除を実施し、同期化されるデータを減らして帯域リソースを節約します。

VMware SRM

SnapSync は、仮想アプリケーション用のエンタープライズクラスのリモートバックアップと災害時復旧ソリューションを提供するVMware Site Recovery Manager (SRM) をサポートします。SRM用のStorage Replication Adapter (SRA) により、ESXi® サーバーの動作オーバーヘッドはQNAPストレージアレイにオフロードされ、仮想マシンのバックアップと復元を高速化し、容易にします。

enterprise-zfs.png

 

Enterprise ZFS NAS 用の理想的なバックアップNAS

QES オペレーティングシステムが稼働中、TDS-16489U R2はデュアルコントローラーのEnterprise ZFS NAS用の、SnapSyncを用いた完璧なバックアップストレージです。Enterprise ZFS NAS が突然停止した場合、TDS-16489U R2は、ローカルにバックアップされたデータを直ちに復元し、最小のRTO (リカバリ時間目) と RPO (リカバリポイント目標) で動作とサービスを引き継ぎます。これは、リモートのQTS NAS/rsyncサーバーからEnterprise ZFS NASにデータを復元する際に必要なダウンタイムを回避します。

 

QESはOpenStack対応で、設定なしで利用できるエンタープライズクラウドサービスを提供します。

OpenStack-Ready.jpg

QESはOpenStack® CinderとManilaファイル共有サービスをサポートします。QNAP Cinder Driverにより、TDS-16489U R2 は、仮想マシンに対してブロックレベルのストレージ領域を提供します。iSCSIを利用して仮想マシンを短期間で展開し、仮想マシンイメージのアクセスが効率的になるだけでなく、市販のクラウドストレージプラットフォームと簡単に統合できます。

 

QTS - 高速化時代のためにストレージを充実。

柔軟な仮想化の展開、アプリケーションの拡張性、自動階層化アーキテクチャを備えたストレージの最適化には最適です。

 

QTSは、ITに最高の効率性を与えるため包括的な仮想化をサポートします。

VM-img.png

仮想化のためのストレージ

TDS-16489U R2 は、VMware®、Citrix®、Microsoft® Hyper-V®、Windows Server® 2016 仮想化アプリケーションをサポートします。VMware® VAAI と Microsoft® ODXは、ESXi サーバーと Hyper-Vそれぞれのサーバー負荷をオフロードして性能を向上させ、QNAP vSphere Client プラグインと QNAP SMI-S プロバイダーが仮想化アプリケーションの運用効率と管理を強化します。

アプリケーションサーバーの仮想化

たとえば、Microsoft® Exchange Server、Microsoft® SQL Server®、Active Directory Windows Server®など、さまざまなサービスに対する複数の仮想マシンをホストするためにVirtualization Stationを使用します。Apache™ Hadoop® や Apache Spark™ などのBig Dataツールも、Container Station や Virtualization Stationと一緒にTDS-16489U R2 上に簡単に展開できます。
 

QTSは完全なバックアップ計画を実現します

TDS-16489U R2 は、信頼性の高い、柔軟なバックアップおよび災害時復旧ソリューションを提供し、高いコスト効率と生産性で日常的な組織のバックアップジョブをサポートします。

icon02.png

Hybrid Backup Sync

バックアップ、復元および同期を統合し、ローカル、リモートおよびクラウドのストレージ領域へのNASデータ転送をさらに容易にします。新しいHybrid Backup Sync 3.0は、バックアップ効率を高めるためにソースでのデータ重複排除、複数バージョンのバックアップ、TCP BBRのサポートを加えています。
icon03.png

ボリュームと LUN のためのスナップショット

スナップショットは、NASデータ保護には必要不可欠で、ランサムウェアの脅威が高まる中でブロックレベル機能はデータを保護するための信頼できる方法となります。TDS-16489U R2 は、ボリューム/LUN あたり最大 256 のスナップショット、NAS あたり最大 1,024 のスナップショットをサポートします
icon04.png

VM バックアップ

高性能で、大きなストレージ容量が可能な、統合化された仮想化ソリューション、そしていつでもシステムの状態を記録できるスナップショットのサポートが備わった、TDS-16489U R2 は仮想マシンのバックアップに最適です。
 

手頃な価格の一般消費者向け SSD でエンタープライズグレードの SSD 性能レベルを実現

QTS は、ランダム書き込み速度を最適化し SSD の寿命を延ばすために追加の OP 領域 (1% から 60%) を割り当てられる、ソフトウェア定義の SSD エクストラ オーバー プロビジョニング (OP) をサポートします。手頃な価格の一般消費者向け SSD を TDS-16489U R2 に使用できるようになり、SSD OPを調整することで、エンタープライズグレードのSSDと同等な性能と耐久性が得られ、ファイルバックアップの高速化、仮想化アプリケーションの最適化、マルチメディアワークフローの円滑化が図れます。

Scenarioファイルサーバーウェブ、
アプリケーション、
仮想化サーバー
同期、
ビデオ編集
監視、
バックアップ、
ログサーバー
ビジネスクリティカルな
データベース
SSD 構成 Qtier Qtier 読み取り書き込みキャッシュ 書き込みキャッシュ SSD RAID
SSD RAID RAID 6 RAID 10 RAID 5 RAID 10 RAID 10
SSD OP 10% 20% 20% 30% 30%
 

QVR Proを使用して、プロフェッショナル向けセキュリティ監視システムを展開

qvr_pro.jpg

QNAP の QVR Pro 監視ソリューションは、市場に出回っている標準の魚眼カメラを始め、5,000 以上の IP カメラをサポートします。1台の魚眼カメラの画像を角度の異なる9のチャンネルでの同時表示や、魚眼カメラ画像のクロスプラットフォームのハードウェアアクセラレートデコーディングが可能になるなど、魚眼カメラの潜在能力を解き放つ、さらに高度な機能があります。QVR Pro は、展開の柔軟さと予算節減を兼ね備え、高いセキュリティのための高い監視性能を実現します。8つの無料チャンネルのライセンスが提供され、さらに追加ライセンスの購入で128チャンネルまで拡張できます。

*チャンネルの最大数はNASモデル、ネットワーク構成、カメラ設定によって変わります。詳細は、
https://www.qnap.com/go/qvr-nas-selectorをご覧ください。

 

標準 5 年の保証

warranty-img.png

TDS-16489U R2 は、追加費用なしに 5 年の保証がついています。この特別な保証は、継続的運営と中断のないサービスのための重要なビジネスニーズを QNAP が追求した結果として生まれました。