現在位置: ホーム / 会社情報 / プレスリリース / 2020年 / クアッドコアプロセッサーと10GbE SFP+ポートを搭載した中小企業向けタワーNAS「TS-431KX」を発売

クアッドコアプロセッサーと10GbE SFP+ポートを搭載した中小企業向けタワーNAS「TS-431KX」を発売

2020年6月8日

株式会社フォースメディア

QNAP × ForceMedia
クアッドコアプロセッサーと10GbE SFP+ポートを搭載した
中小企業向けタワーNAS「TS-431KX」を発売

 

QNAP正規代理店の株式会社フォースメディア (本社:東京都品川区、代表取締役社長:池田 譲治) は、好評販売中のQNAP NASの新機種として、中小企業向けのタワーNAS「TS-431KX」の販売を開始致します。

TS-431KXは、クアッドコア 1.7 GHz プロセッサーと10GbE SFP+ポートを搭載した4ベイタワーNASです。QNAPのQSWシリーズスイッチと組み合わせて導入することで、中小企業やスタートアップ企業が、低予算で10GbE接続のストレージ環境を構築して、ファイル共有やデータのバックアップを取ることができます。

 

製品の特長は次のとおりです。

  • Amazon傘下のAnnapurna Labs Alpine AL-214 クアッドコア 1.7 GHzプロセッサーと2GB (最大 8GB)のメモリーを搭載しています。10GbE SFP+を1ポートを搭載し、最大1117MB/秒の読み取りと511MB/秒の書き込みの優れたスループットを提供します。

  • ドライブベイはホットスワップに対応し、ロック可能な鍵付きドライブトレイの採用により、ドライブが誤って取り外されてデータが失われることを防ぐことができます。

  • スナップショット機能により、ファイルを誤って削除または上書きした場合でも容易に復元できます。ランサムウェアに感染した場合でも、スナップショットから感染前のファイルを復元できます。

  • バックアップ、復旧、同期機能をひとつのアプリケーションに統合したHBS 3 (Hybrid Backup Sync)により、リモートNAS、USBストレージ、クラウドストレージへのバックアップ、復元、双方向同期を簡単に行うことができます。

  • myQNAPcloudサービスにより、インターネット経由でNAS内のファイルに簡単にアクセス、管理、共有できます。

 

製品画像

 

製品仕様

TS-431KX
CPU Annapurna Labs Alpine AL-214 クアッドコア 1.7 GHz
メモリー 1 x DDR3L SODIMM、標準 2GB、最大 8GB
ドライブベイ 4 x 3.5”/2.5” SATA 6Gb/s
LAN 1 x 10GbE SFP+、2 x 1GbE RJ-45
USB 3 x USB 3.2 Gen.1 Type-A
外形サイズ 161 (H) x 160 (W) x 219 (D) mm
電源ユニット 90 W ACアダプター、100-240 V

 

希望小売価格

単体モデル オープン価格
HDD搭載モデル ¥124,000 から (ミドルクラス 1TB x 4)

 

販売開始時期

2020年6月中旬

 

QNAP Systems,Inc.について

台湾に本社を置くQNAP Systems, Inc. は、2004年の設立後、優れた設計によるNASストレージで躍進。中国、米国、日本などにも現地法人を持ち、グローバルにビジネスを展開し、業界のリーディングカンパニーの地位を得ました。

 

株式会社フォースメディアについて

株式会社フォースメディアは、ITシステムの基本性能を支えるストレージ、メモリー製品を中心に海外の優れたグローバルブランドを紹介、提供するとともに、自社オリジナルブランドを通してお客様のより豊かなITライフを支援することを目的として設立致しました。

 

お問い合わせ

株式会社フォースメディア マーケティング部
お問い合わせフォーム