ES1686dc

製品概要製品仕様価格表お見積もりお問い合わせ
 

次世代エンタープライズZFS NAS : 高性能でほぼゼロのダウンタイムの高可用性

ES1686DC-2142IT-128G : ¥3,680,000 から (ニアラインSAS 1TB x 16)
ES1686DC-2123IT-64G : ¥2,980,000 から (ニアラインSAS 1TB x 16)

ES1686dc フロント ES1686dc リア

intel-xeon_E.png citrix-ready.png vm-ready.png windows_2016.png openstack.png
 

エンタープライズレベルの高可用性を提供するES1686dc Enterprise ZFS NAS は、Intel® Xeon® D プロセッサー、デュアル アクティブコントローラー、最大512 GBのDDR4 ECCメモリー、SAS 12Gb/秒、論理ボリューム管理をサポートするZFSが特長です。 ES1686dcでは、ほぼ無制限のスナップショット、SnapSync、ブロックレベルのデータ重複排除、インラインデータ圧縮をサポートするQES 2.1.0オペレーティングシステムが動作します。ミッションクリティカルなファイルサーバー、仮想化サーバー、VDI、中規模データセンター、ビデオストリーミング、監視ストレージ、効率的なファイルバックアップと復元など多様な活用が可能なES1686dcは、性能と稼働時間の面でのサービスレベル基準を達成し、ビジネスを支えます。

feat-80.png
Intel® Xeon® D デュアル アクティブ-アクティブコントローラーが高可用性を保証する優れた稼働時間と冗長化を提供します。
feat-81.png
バッテリー保護されたDRAM書き込みキャッシュデータ保護機能とFlash読み取りアクセラレーション機能は、業界をリードするランダムアクセス パフォーマンスを提供しています。
feat-7.png
2つのM.2 SSDスロットによりSSDキャッシュアクセラレーションが導入できます。
feat-48.png
10GbE SFP+ポートを4ポート備え、仮想化、大きなファイルの共有、集中的なデータ転送を加速化します。
feat-74.png
ほぼ無制限のスナップショットと、スナップショットをリモートバックアップするSnapSyncが、重要なサービスを最短で復帰させることでビジネスを支援します。
feat-3.png
ストレージ仮想化のため、VMware® vSphere® 6.5、Windows Server® 2016、Citrix® XenServer® 7.0をサポートします。OpenStack® クラウド環境に対応。
 
 

最適なストレージ効率をもつアクティブ/アクティブ高可用性

アクティブ/アクティブなストレージアーキテクチャにおいては、両コントローラーがすべての範囲のサービスを提供でき、その点はコントローラーシステムが1つのアクティブスタンバイアーキテクチャとは異なります。アクティブ/アクティブなアーキテクチャは、コンピュータリソースがアイドルになる欠点がありません。ES1686dcアクティブ/アクティブなコントローラーアーキテクチャの強力さを活かすために、複数のストレージプールを作り、オーナーシップを両コントローラーに分散させることを推奨しています。これにより両コントローラーから同時に出力することができ、優れたバランスが得られます。

active-standby.png

アクティブスタンバイのシングルコントローラーシステム

2つのHAシステムでは価格が2倍となりますが、ワークロードはアクティブなシステムでしか処理されないという負荷の不均衡が起きます。停電はデータ損失を引き起こし、ネットワークの切断はHAアーキテクチャを無効にします。
active-active.png

アクティブ-アクティブ デュアル-コントローラーシステム

ES1686dcの両コントローラーは、停電に対するCopy-To-Flash保護と二重の経路をもつSASインターフェイスに支えられながらトラフィックを送信します。コンピューターリソースの節約を行うだけでなく、高速、無停止、高可用性のストレージサービスが、SMB、NFS、iSCSIといった通信プロトコルによって提供されます。
 

Intel® Xeon® D デュアルコントローラーが、高可用性と耐障害性をもったサービスを保証します。

2つのIntel® Xeon® D プロセッサーによりES1686dcはデュアルアクティブ-アクティブコントローラーとして機能し、1台のコントローラーが故障すると直ちにスタンバイコントローラーが引き継ぐことでフェイルオーバー/フェイルバック動作が実現します。ビジネスでほぼゼロのダウンタイムの高可用性を実現するべく、冗長化ホットスワップ可能電源と冷却ファンも装備されています。ES1686dcをJBODエンクロージャ (EJ1600 v2) にデュアル-パスmini-SAS設計で接続すれば、JBODケーブルが外れた場合でも、運用を続けることができます。冗長性を中心に設計されたES1686dcは、信頼性の高い企業向けストレージを最高の形で実現したもので、ミッションクリティカルなタスクを中断することなく、高い生産性を維持します。

es1686dc_dual-active-active_en.png

 

読み書き両方に対するマルチレベルキャッシュ技術

ES1686dcはメインメモリー読み取りキャッシュ (L1 ARC)とSSDセカンダリ読み取りキャッシュ (L2 ARC)、およびメモリー書き込みキャッシュ (ZFS Intent Log) を同時にサポートし、さまざまなエンタープライズ アプリケーションが要求する性能を発揮します。

最大512 GBのメインメモリー

それぞれのコントローラーには8つのRDIMMスロットがあり、最大512 GBのメモリーが搭載可能です。

注:メインメモリーには、読み取りキャッシュが使用するために8GBが保持されます。

M.2 SSDキャッシュ

2つのM.2 SSDスロット (PCIe Gen3 x4またはSATA 6Gb/s SSD) は、IOPS性能を高めるSSDキャッシュを有効にできます。

注:M.2 SSDは別売りです。

NVRAMキャッシュで書き込みキャッシュデータの紛失リスクを減少

予期せぬ停電発生時には、システムはキャッシュのデータをCopy To Flash (C2F) によりバッテリーで保護されているDRAMからM.2 SSDへ書き込み、データ損失を防ぎます。

注:書き込みキャッシュデータを守るために、BBU を毎年交換することが推奨されます。QNAPはBBUに1年保証を提供します。

40GbE高速ネットワークに備えたPCIe拡張

ES1686dcは、CPUに接続されたPCIe Gen3 x8スロットを2つ持っており、超高速の10GbE/40GbEネットワークカードをインストールすることで仮想化、メディアストリーミング、その他帯域を大量消費するアプリケーションを高速化します。Mellanox® Smart NICをインストールすることで、iSERのサポートが追加され、VMware®の仮想化性能が向上します。さらに、QM2拡張カード (QM2-4P-384) をインストールしてM.2 2280 PCIe NVMe SSDスロットを4つ増やし、 SSDキャッシュやSAS拡張カードで読み取り性能を強化し、7台の16ベイ搭載 EJ1600 v2拡張エンクロージャを接続することで1PBを超えるストレージ容量を可能にし、最大48Gbpsのホスト接続で類を見ないパフォーマンスを実現します。

PCIe-ESNAS.png

 

デュアルコントローラー NAS:高い信頼性と高可用性

「信頼性」は、ミッション-クリティカルなビジネスアプリケーションにとって最重要事項です。ES1686dcは、デュアルアクティブ-アクティブコントローラーを採用し、ビジネスITストレージにとってこれ以上ない信頼性を提供します。

es1686dc_Hardware.png

  1. 16x 3.5 インチ/2.5 インチSAS 12Gb/秒 HDD/SSDポート

    性能と容量を完璧に両立させるSAS 12Gb/秒とSAS 6Gb/秒のハードドライブとSSD。

  2. Intel® Xeon® D-2100シリーズプロセッサ

    DDR4メモリーとPCIe Gen3をサポートするIntel® Xeon® D-2142ITおよびIntel® Xeon® D-2123ITオプション。

  3. DDR4 2133 MHz ECCメモリー

    コントローラーあたり最大512 GBまでのメモリーが可能な8 RDIMMスロットのクアッドチャネルDDR4 ECCメモリー

  4. 2xPCIe Gen3 x8スロット

    より広範囲のアプリケーションに対応できる10GbE/ 40GbEネットワークカード、QM2カード、SAS拡張カード。

  5. 4x 10GbE SFP+ ポート

    仮想化や高速バックアップ/復元など、帯域を大量消費するアプリケーションに最適です。

  6. バッテリー・バックアップ装置 (BBU)

    突然の電源断が発生した場合、BBUは書き込みキャッシュデータ保護機能を有効にし、同時にデータはバックアップコントローラーに複製され、100%のデータの整合性を達成します。

  7. 3x ギガビットポート

    サービスバインディング、ポートトランキング、MPIOをサポート。ギガビット LAN ポート 1ポートがリモート管理専用となります。

  8. 2x M.2 SSDポート

    読み書きキャッシュとして使用するPCIe Gen3 x4 NVMe SSDまたはSATA 6Gb/秒 SSDをサポート。(M.2 SSDは別売りです)

 

6Gbps SASからSATAへのドライブアダプターを活用

SATA 6Gb/秒 SSDが高性能かつ経済的なストレージである反面、デュアルポートがサポートされないためにデュアルコントローラー環境には不適となっています。QDA-SAアダプターはQNAP Enterprise ZFS NAS用に作られており、3.5 インチSASドライブベイ内のSATA 6Gb/秒が使用できるため、コスト効率のよいSATAドライブを使うことでストレージを拡張できるようになります。SATAドライブをQDA-SAと共にデュアルコントローラーES1686dcにインストールすることで、SATAドライブもSASデュアルポートの利点を活かしてた高可用性、耐障害性をもったエンタープライズストレージ環境を実現できます。

es1686dc_QDA.png

 

QES 2.1.0:ZFSベース、オールフラッシュ性能に最適化

ES1686dcは、シンプルかつ効率的な FreeBSD カーネル、およびハイエンドのエンタープライズアプリケーションに最も適していることが長年の経験を通じて証明されているZFSファイルシステムに基づくQES (QNAP Enterprise Storage) 2.1.0 オペレーティングシステムを搭載しています。QES 2.1.0は、信頼性の高いデータ保護、復元、ビジネスクラス機能を提供するだけでなく、フラッシュストレージ用に最適化され、オールフラッシュストレージアレイ用の優れた性能を引き出すことができ、ミッションクリティカルなサービスを高速化し、VDI環境の課題を払拭します。QES 2.1.0は、マルチアプリケーション環境で安定したプライマリストレージとしての性能を発揮できるよう、Quality of Service (QoS) 機能を備えています。直感的なQTSオペレーティングシステムでのユーザー体験を引き継ぎ、QESはビジネスユーザーにとってITインフラストラクチャ内での導入を迅速に行えるよう簡単に操作を覚えられるようになっています。

QES210_en.png

 

QESとQTSの比較

QES 2.1.0
QNAP Enterprise System
QTS
QNAP NAS System
OS カーネル FreeBSD Linux
ファイルシステム ZFS Ext4
CIFS/FTP/NFS/iSCSI
エンドツーエンドのデータ整合性
スナップショット上限 65,535 1,024
リモート障害復旧/バックアップ SnapSync スナップショットレプリカ
重複排除 バックアップ元の重複除去バックアップデータ
(Hybrid Backup Sync 3.0)
リアルタイムデータ圧縮
リアルタイムデータコンパクション
アプリケーションの一貫性 Snapshot Agent
VSSハードウェアプロバイダー
(QNAP NetBak Replicator)
Snapshot Agent
VSSハードウェアプロバイダー
(QNAP NetBak Replicator)
Qtier (自動階層)
App Center
アプリケーションサービス
(Virtualization Station、Webサーバー、マルチメディアサービスなど)
アプリケーションシナリオ • ミッションクリティカルビジネスタスクのための高信頼ストレージ。
• デュアルコントローラー エンタープライズZFS NASのための完璧なバックアップストレージ。
• SSDとQtier技術を備えた高性能ストレージによるコスト効率の最大化。
• 仮想マシンとコンテナ化されたアプリケーションをホストするためのストレージ。
• QTS サービスを用いたアプリケーションサーバー (Webサーバー、VPNサーバー、FTPサーバーなど)。
 

SSDの潜在性能を引き出す – 究極の性能をもち費用対効果が高く、機動的

QES 2.1.0は、ZFSでのオールフラッシュ性能をさらに最適化するQNAP独自のWrite Coalescingアルゴリズムを装備し、エンタープライズクラスのデータ管理やミッションクリティカルサービスのための、優れた費用対効果のオールフラッシュソリューションを提供します。

注:QES 2.1.0におけるWrite Coalescingアルゴリズムは、デュアルコントローラーNASをサポートしていません。これは将来のQESバージョンでサポートされる予定です。

Write Coalescingアルゴリズム

すべてのランダム書き込みを順次書き込みに変換しI/Oを減少させます。これはオールフラッシュ環境でのランダム書き込み性能を効果的に高めるだけでなく、SSDの寿命を延ばします。

ソフトウェア定義されたオーバープロビジョニング

ユーザーは、より高いオーバープロビジョニング比をSSD (1%~60%) およびストレージプール (from 1% to 40%) に割り当てることができ、100%を超える一定した性能向上が得られます。
 

重複排除と圧縮で VDI ストレージの性能を最大限に引き出す

仮想デスクトップすべてにあるOSイメージやアプリケーションで90%を超える重複データがあると言われるVDI環境では、QESによるES1686dcが、もっとも優れた費用対効果をもつリモートデスクトッププラットフォームとミッションクリティカルなウェアハウスをビジネスに提供します。

inline-data-deduplication.png

インラインデータ重複排除

ブロックベースのデータ重複排除は、ストレージの利用を最適化し、必要とされるストレージ容量を大きく減少させます。
Inline_Compression.png

インライン圧縮

データサイズを小さくすることでストレージI/Oの負荷が減り、性能が向上します。VDIにおいては、重複排除されたデスクトップのキャッシュ化は容易になり、仮想デスクトップの性能がよくなります。
Inline_Compaction.png

インラインコンパクション

繰り返しデータが多かったり、小さなファイルが大量に生成される場合 (銀行やE コマースの取り引きログなど) に、SSDのストレージ効率を高める効果があります。オールフラッシュストレージシステムのコスト効率をより高めます。

注 : QES 2.1.0におけるデータコンパクションは、デュアルコントローラーNASをサポートしていません。これは将来のQESバージョンでサポートされる予定です。
 

自己修復によるデータ整合性と信頼性

データ整合性、ストレージのセキュリティと信頼性の基本的な側面を重視して設計された、QESベースのES1686dcは、そのエンドツーエンドのチェックサムを利用して、ハードウェア故障やファームウェアのバグやメタデータのエラーによって引き起こされるサイレントデータ破損を訂正します。整合性の乱れが検出された場合、データがアプリケーションに渡される前に、QESは他のミラーからのデータを利用して自動的にその被害を修正します。

silent-data-corruption.png

 

ほぼ無限のスナップショットとSnapSyncを用いた円滑なリモートバックアップ

ES1686dcは iSCSI LUNに対する65,535のスナップショットと共有フォルダー (毎時1つのスナップショットが作られる場合、1日に24のスナップショットとなり、最長7年分のスナップショットを削除せずに作成可能) をサポートし、ブロックレベルの SnapSync を用いてスナップショットをリモートサーバーに複製します。プライマリサイトで障害が発生した場合、SnapSyncが重要なサービスを最短で復帰させることでビジネスを支援します。

QES-img.png

事業継続性

コピーオンライト技術により、QESのスナップショット作成は実行中のデータ書き込みには影響を与えることなく瞬時に行えます。SnapSyncは、増分バックアップ、リアルタイム重複排除と圧縮をサポートします。ソース側ES1686dcは、メタデータを圧縮する前に重複排除を実施し、同期化されるデータを減らして帯域リソースを節約します。

VMware SRM

SnapSync は、仮想アプリケーション用のエンタープライズクラスのリモートバックアップと災害時復旧ソリューションを提供するVMware Site Recovery Manager (SRM) をサポートします。SRM用のStorage Replication Adapter (SRA) により、ESXi® サーバーの動作オーバーヘッドはQNAP NASにオフロードされ、仮想マシンのバックアップと復元を高速化し、容易にします。
 

QNAP Snapshot Agentを用いたVSS 対応のアプリケーションのためのVMware/Windowsバックアップを作成

QNAP Netbak Replicatorは、使いやすいVSS 対応のバックアップソフトウェアで、追加ソフトウェアを必要とすることなく、企業がデータセンターや仮想化環境における完全なバックアップを作成できるようにします。QNAP Snap Agent および VSS Hardware Provider の動作環境を構築するには、VSS Service、Requestor、Provider および QNAP Snap Agent を含むすべてのアプリケーションを同じサーバー上の VSS 対応アプリケーションで展開できます。 最小要件は、1 台のES1686dcおよびその運用のための 1 台のサーバーです。

Snapshot-Agent_VMware.png

 

VMware、Microsoft、Citrix仮想化に対応し、iSERをサポート

virtualization-bg-2016.jpg

ES1686dcは、仮想化環境における柔軟な展開と管理のため、VMware® vSphere® 6.5、Windows Server® 2016、Citrix XenServer® 7.0をサポートします。これは、 VMware® VAAIとMicrosoft® ODXをサポートし、ESXi® サーバーおよび Hyper-V® それぞれの負荷を軽減して性能を向上させます。QNAP vSphere Clientプラグイン、Webプラグイン、QNAP SMI-Sプロバイダもサポートされ、仮想化アプリケーションの運用管理の効率性を向上させます。iSERをサポートするMellanox® Smart NICがインストールされているES1686dcとVMware® ESXiサーバーは、高められたVMware® 仮想化性能によりCPU負荷をオフロードするiSERの能力を利用できます。

 

QESはOpenStack対応で、設定なしで利用できるエンタープライズクラウドサービスを提供します。

OpenStack-Ready.jpg

QESはOpenStack対応で、購入後すぐに利用できるエンタープライズクラウドサービスを提供します。QNAP Cinder Driverにより、ES1686dc は、仮想マシンに対してブロックレベルのストレージ領域を提供します。iSCSIを利用して仮想マシンを短期間でデプロイし、仮想マシンイメージのアクセスが効率的になるだけでなく、市販のクラウドストレージプラットフォームと簡単に統合でき、ビジネスに柔軟で使いやすい、低コストのストレージソリューションを提供いたします。

 

標準 5 年の保証

warranty-img.png

ES1686dcは、追加費用なしで5年の保証が付帯します。この特別な保証は、継続的運営と中断のないサービスのための重要なビジネスニーズを QNAP が追求した結果として生まれました。