現在位置: ホーム / QNAP / 製品情報 / ソフトウェア / スナップショット

スナップショット

スナップショットでデータの紛失を防ぐ

 ls-header.png

 

スナップショットを利用すれば、QNAP NASであらゆる時点のシステムの状態を記録できます。システムで予想外の状況が発生した場合、スナップショットで記録した以前の状態に戻すことができます。Storage Managerに使いやすいWebベースのスナップショットツールが付属し、任意の時点でデータを簡単にバックアップし、復元できます。重要なデータの損失を防ぎます。
 
 
 

 

すべてのQNAP NASの標準機能

QNAPのブロックベースのスナップショットは、データ損失や潜在的なマルウェアによる攻撃から保護すべく、高速で簡単なデータバックアップとリカバリのソリューションを提供します。スナップショットを使用してボリュームのデータすべてを復元することは、バックアップソースからデータをコピーして復元するよりも10倍速い方法です。スナップショット保護は、最低1GBのRAMを搭載するx86とARMベースのQNAP NASの両方に利用できます。

速いブロックベース増分バックアップワンクリックで復元
ext4ベースのスナップショットは、ファイルアクセスパフォーマンスにおいて、より高速かつ信頼できるソリューションです。 ファイルレベルのランサムウェアは、そのボリュームが感染したとしてもアクセスまたは変更できません。 バックアップと復元に必要なストレージ使用容量、帯域幅、時間を節約することができます。 スナップショットを使用したデータ復元には数分かかります。

 

強力なストレージ & スナップショットマネージャー

ui-01.jpg

スナップショット概要

プロフェショナルで詳細を主体としたインターフェイスでスナップショットを管理できます。すべてのスナップショットバージョンと最新のスナップショットの時刻が正確に記録されます。

 

ui-02.jpg

スナップショットレプリカ

複製先、スケジュール、最終終了時刻/次回開始時刻、進行状況を含む、ボリューム/LUNのスナップショットバックアップジョブを表示できます。

 

ui-03.jpg

スナップショット保管場所

他のNASからのスナップショットを一箇所で集中的に保存します。


ui-04.jpg

スナップショットコンテンツ参照

File Station Snapshot Directoryを使用することで、すべてのバージョンのスナップショットを参照し、各種コンテンツを特定できます。

 

ランサムウェアの脅威を軽減

ランサムウェアはコンピューターやネットワーク基盤のデバイスを狙い、企業や一般ユーザーにとっても脅威となります。QNAP NASは包括的なバックアップ機能を備え、ポイントインタイムのスナップショット機能に対応することで、個人や企業が重要なデータを守り、ファイルを復元し、ダウンタイムを回避する事を支援する、頼もしいバックアップセンターです。ランサムウェアによる攻撃が発生した場合、あるいはシステムで予想外の状況が発生した場合は、短時間で簡単に、スナップショットで記録した、以前の状態に戻すことができます。

ransomware_header_img.png

 
 

 

データとスナップショットを分けて保存

データストレージ容量に影響を与えない

QNAP NASは、ボリューム外にスナップショットを保存し、ボリュームの容量がスナップショットで埋め尽くされないようにします。一方、Btrfsベースのストレージデバイスでは、スナップショットはボリューム内に保存され、ユーザーデータと同じ要領を埋めてしまいます。これにより、ストレージ管理が困難になり、IT運営がリスクにさらされることになります。

保証されたスナップショット領域

ストレージプールでは、スナップショットの保存に専用の容量を予約する(デフォルト値は20%)ことで、新しいスナップショットを撮影するための十分な容量を確保することができます。予約した容量がいっぱいになると、QTSは最も古いスナップショットを削除し、新しいスナップショットのための容量を作成します。

Snapshot_f04-img.jpg

 

 

仮想環境用にアプリケーションに矛盾しないスナップショットを作成

QNAPスナップショットエージェントでは、実行しているアプリケーションやデータの状態、VMware vCenter™またはWindows Server®に接続されているiSCSI LUNの状態を記録することで、QTSがアプリケーションに矛盾しないスナップショットを撮影できるようになります。QTSがLUNスナップショットを撮ると、QNAPスナップショットエージェントは以下の操作を実行します。

  • Windows Server:

     サーバーは、メモリ上のデータ、ログ、保留中のI/OトランザクションをLUNにフラッシュします。
  • VMware vCenter:

     サーバーは、仮想マシンのスナップショットを取得します。

 

効率的なスナップショットレプリケーション

 

スナップショットをローカルあるいはリモートから復元

スナップショットの復元とクローニング

ボリューム/LUN全体を数秒で復元し、あるいはボリューム/LUNのスナップショットのクローンをボリュームあるいはNAS上のiSCSI LUNとして作成します。ファイルやフォルダーを指定して復元するのも容易です。
tpc1-f07-icon2.png

複数の複製先

スナップショットの内容をローカルのNASに復元することや、ローカル/リモートのNASまたはクラウドストレージにフォルダー/ファイルベースで短時間に復元できます。
 
tpc1-f07-icon3.png

クライアント側での復元

ユーザーはスナップショットからデータをコピーおよび復元するために、SMB/CIFS/AFPで各共有フォルダー内の最近のスナップショットディレクトリを簡単に表示できます。
tpc1-f07-icon4.png

リモート復元

リモートバックアップとリモート復元は最小のダウンタイムで二重の保護ができます。ローカルのNASが機能しない場合に、スナップショットのバックアップをリモートのNASに直接復元することができます。あるいは、リモートから保存したスナップショットレプリケーションからローカルNASを直接復元することさえ可能です。


タグ: ,