現在位置: ホーム / ブログ / Hybrid Backup Sync を使用し、QNAP NAS のファイルをバックアップ / 復元 / 同期する

Hybrid Backup Sync を使用し、QNAP NAS のファイルをバックアップ / 復元 / 同期する

2017/8/17 (QNAP) - ファイルのバックアップと同期は、NASユーザーにとって基本的かつ重要な課題です。また、クラウドストレージやリモートストレージとの連携などにより、バックアップや同期が煩雑になりがちです。QNAPのHybrid Backup Syncを使えば、QNAP Turbo NASのファイルのバックアップ/復元/同期をすっきりと一括管理できます。このチュートリアルでは、Hybrid Backup Syncの基本的な使い方を紹介します。

Hybrid Backup Sync にはバックアップ、復元、同期の機能が統合されており、QNAP NAS のファイルをローカルストレージ、リモートストレージ、クラウドストレージに簡単にバックアップしたり、同期したりできます。これによって包括的なデータバックアップや効果的な障害復旧計画が可能になります。

Hybrid Backup Sync を利用するには、QTS 4.2.0 (以降) をインストールする必要があります。

Hybrid Backup Sync を使用し、QNAP NAS のファイルをバックアップ/復元/同期する

Hybrid Backup Sync の使用方法

  1. Hybrid Backup Sync をインストールする
  2. Hybrid Backup Sync の使用を開始する

ストレージ領域を作成する

QNAP NAS でファイルのバックアップジョブを作成する

  1. ローカルバックアップジョブを作成する
  2. リモートバックアップジョブを作成する
  3. クラウドバックアップジョブを作成する

ファイルを QNAP NAS に復元する復元ジョブを作成する

  1. 復元ジョブを作成します。
  2. 宛先から復元ジョブを作成する

QNAP NAS でファイルの同期ジョブを作成する

  1. ローカル NAS とファイルを同期する同期ジョブを作成する
  2. リモート NAS/サーバーとファイルを同期する同期ジョブを作成する
    • 2.1 ローカルフォルダーとリモートフォルダーの間の一方向同期
    • 2.2 ローカルフォルダーとリモートフォルダーの間の双方向同期
  3. クラウドとファイルを同期する同期ジョブを作成する
    • 3.1 ローカルフォルダーからクラウドにファイルを一方向同期する
    • 3.2 ローカルフォルダーとクラウドの間の双方向同期

Hybrid Backup Sync の使用方法

  1. Hybrid Backup Sync をインストールする

    Hybrid Backup Sync を QNAP NAS にインストールするには、最初に管理者として NAS にログインし、インターネットに接続されていることを確認します。 [App Center] > [QTS 必須] または [バックアップ/同期] の順に進み、ページを下にスクロールして Hybrid Backup Sync を見つけ、[+インストール] をクリックします。

    QNAP
     
  2. Hybrid Backup Sync の使用を開始する

    インストールが完了したら、メインメニューまたはデスクトップのショートカットアイコンをクリックし、Hybrid Backup Sync を使用を開始します。

    QNAP

ストレージ領域を作成する

ストレージ領域を前もって用意すると、ストレージ領域の管理が楽になり、バックアップジョブの作成時に時間が節約されます。

ストレージ領域を作成するには、メインページの [ストレージ領域] に進み、作成ボタンをクリックしてウィンドウを開きます。ウィンドウにはストレージ領域のさまざまなオプションが表示されます。

QNAP

ストレージ領域を作成する場所を選択します。

QNAP

ローカルストレージ領域の場合、フォルダーを選択して [OK] をクリックするだけでストレージ領域を設定できます。

QNAP

リモートストレージ領域とクラウドストレージ領域の場合、ストレージ領域を設定する前にリモートプロファイルを作成する必要があります。
[新規プロファイル] を選択し、[設定] をクリックし、リモートプロファイルを作成します。

QNAP

リモート IP アドレス/ホスト名とパスワードを入力し、[テスト] をクリックして接続を確認します。 接続できたら、[OK] をクリックしてそのリモートプロファイルを作成します。

QNAP

リモートプロファイルを作成したら、それとフォルダーを選択し、[適用] をクリックしてリモートストレージ領域を設定します。
リモートアカウントを作成した後、別のフォルダーをストレージ領域として選択する場合、ドロップダウンリストでリモートアカウントを 1 つ選択し、フォルダーを選択し、リモートストレージ領域を設定することもできます。

QNAP

注記: リモート NAS で RTRR (Real-time Remote Replication) を初めて使用する場合、Hybrid Backup Sync の RTRR Server に進み、リモート NAS の RTRR Server を有効にしてください。


クラウドストレージ領域を作成する場合、クラウドストレージプロバイダー/サポートされるプロトコルを選択し、[クラウドストレージ領域の作成] ウィザードを開きます。

QNAP

注記: クラウドサービスにリモート接続するには、App Center から Cloud Backup Sync をインストールする必要があります。


[設定] をクリックし、クラウドプロファイルを作成するための認証ウィザードを開きます。必要なアカウント情報を入力します。

QNAP

クラウドプロファイルが作成できたら、ドロップダウンリストからクラウドプロファイルを選択してください。

QNAP

ストレージ名とコンテナー/バケット/ボールト名を入力します。 [適用] をクリックし、クラウドストレージ領域の作成を完了します。

QNAP

注記: クラウドストレージ領域を作成するとき、フォルダーを選択する必要はありません。 バックアップジョブを作成するとき、バックアップ先として既存のフォルダーを選択するか、フォルダー名を付けてフォルダーを作成します。


QNAP NAS でファイルのバックアップジョブを作成する

QNAP NAS でファイルをバックアップするには、[バックアップジョブの作成] を選択し、ローカルバックアップ、リモートバックアップ、クラウドバックアップのいずれかを選択し、バックアップジョブの作成を開始します。

QNAP

  1. ローカルバックアップジョブを作成する

    NAS のファイルをローカルフォルダーまたは外付けデバイスにバックアップするには、[ローカルバックアップ] を選択します。

    QNAP

    ソースロケーションとバックアップ先を選択し、[適用] をクリックします。

    QNAP

    バックアップジョブのストレージ領域を作成すると、それが [バックアップ先] ドロップダウンリストに表示されるはずです。それをバックアップ先として選択できます。
    ストレージ領域を作成していない場合、このページで作成できます。 [ローカルストレージの選択] をクリックし、[ローカルストレージ領域の追加] を選択し、[ローカルストレージ領域の作成] ウィザードを開きます。

    QNAP

    ストレージ領域にするフォルダーを選択し、[OK] をクリックします。

    QNAP

    バックアップジョブの作成ページでは、ジョブを作成直後に実行できます。その場合、[今すぐバックアップする] を選択します。また、[マルチバージョンバックアップを有効にする]オプションも選択可能です。

    QNAP
     
  2. リモートバックアップジョブを作成する

    NAS のファイルをリモート NAS にバックアップするには、[リモートバックアップ] を選択します。

    QNAP

    ソースロケーションとバックアップ先を選択し、[適用] をクリックします。

    QNAP

    バックアップジョブのストレージ領域を作成すると、それが バックアップ先ドロップダウンリストに表示されるはずです。それをバックアップ先として選択できます。
    ストレージ領域を作成していない場合、このページで作成できます。 [リモートストレージを選択] をクリックし、[リモートストレージ領域の追加] を選択し、[リモートストレージ領域の作成] ウィザードを開きます。 詳しくは、「ストレージ領域を作成する」をご覧ください。

    QNAP

    バックアップジョブの作成ページでは、ジョブを作成直後に実行できます。その場合、[今すぐバックアップする] を選択します。また、[マルチバージョンバックアップを有効にする]オプションも選択可能です。

    QNAP

    注記: マルチバージョンバックアップを使用するためには、リモート NAS に Hybrid Backup Sync をインストールする必要があります。
  3. クラウドバックアップジョブを作成する

    NAS のファイルをクラウドストレージにバックアップするには、[クラウドバックアップ] を選択します。

    QNAP

    ソースロケーションを選択します。バックアップ先には、クラウドストレージを選択し、フォルダー名を付けるか、既存のフォルダーを選択してください。 それから [適用] をクリックします。

    QNAP

    バックアップジョブのストレージ領域を作成すると、それがバックアップ先ドロップダウンリストに表示されるはずです。それをバックアップ先として選択できます。
    ストレージ領域を作成していない場合、このページでも作成できます。 [クラウドストレージの選択] をクリックし、[クラウドストレージ領域の追加] を選択し、ウィンドウを開きます。ウィンドウにはクラウドサービスオプションが表示されます。

    QNAP

    クラウドストレージプロバイダー/サポートされるプロトコルを選択し、[次へ] をクリックし、[クラウドストレージ領域の作成] ウィザードを開きます。 詳しくは、「ストレージ領域を作成する」をご覧ください。

    QNAP

ファイルを QNAP NAS に復元する復元ジョブを作成する

QNAP NAS にファイルを復元するには、[Restore (復元)] を選択し、ローカル NAS、リモート NAS、クラウドのいずれかからの復元を選択します。

QNAP

  1. 復元ジョブを作成します。

    ファイルをローカル NAS に復元するには、バックアップジョブの場所 (ローカル NAS、リモート NAS、クラウド) を選択し、[バックアップジョブ] を選択し、復元ジョブを作成するバックアップジョブを選択します。
    [次へ] をクリックし、復元ジョブの作成を開始します。

    QNAP

    最初に復元するソースを選択します。 マルチバージョンバックアップが有効になっている場合、復元するバージョンを選択できます。 次に、[元のフォルダーに復元する] を選択するか、別の復元先を選択し、 [適用] をクリックします。

    QNAP

    サブフォルダーを追加し、復元先として選択することもできます。 フォルダー名を入力し、追加ボタンをクリックしてサブフォルダーを追加します。

    QNAP

    デフォルトでは [今すぐ復元する] が選択されていることに注意してください。 復元ジョブをすぐに実行しないのであれば、この選択を外してください。
    競合ポリシーとして、「名前の変更」、「上書き」、「スキップ」のいずれかを選択します。

    QNAP
     
  2. バックアップ先から復元ジョブを作成する

    ファイルをバックアップ先からローカル NAS に復元するには、ファイルの場所 (ローカル NAS、リモート NAS、クラウド) を選択し、[デスティネーション] を選択し、復元ジョブを作成します。
    ローカル NAS からファイルを復元する場合、最初に [ローカル NAS] を選択し、[次へ] をクリックします。

    QNAP

    復元するソースを選択し、宛先フォルダーを選択し、[元のフォルダーに復元する] を選択するか、他のフォルダーを選択します。 [適用] をクリックします。

    QNAP

    サブフォルダーを追加し、復元先として選択することもできます。 フォルダー名を入力し、追加ボタンをクリックしてサブフォルダーを追加します。

    QNAP

    デフォルトでは [今すぐ復元する] が選択されていることに注意してください。 復元ジョブをすぐに実行しないのであれば、この選択を外してください。競合ポリシーとして、「名前の変更」、「上書き」、「スキップ」のいずれかを競合時の処理として選択します。

    QNAP

    リモート NAS からファイルを復元する場合、最初にリモートサーバーを選択し、[次へ] をクリックし、ジョブを作成する必要があります。 このページで復元ジョブのリモートプロファイルを作成できます。 ドロップダウンリストから [新規プロファイル] を選択します。残りの設定はリモートプロファイル作成時と同じです。

    QNAP

    クラウドからファイルを復元する場合、最初にクラウドストレージ領域を選択し、[次へ] をクリックし、ジョブの作成を開始します。 このページでは、復元ジョブのクラウドストレージ領域を作成することもできます。 [クラウドストレージ領域の追加] を選択し、クラウドストレージ領域を作成します。 残りの設定については、「ストレージ領域を作成する」をご覧ください。

    QNAP

    クラウドからファイルを復元するための復元するソースの設定は、ローカル NAS やリモートサーバーからファイルを復元する場合の設定と少しだけ異なります。
    フォルダーがクラウドストレージ領域にある場合、復元するフォルダーを選択し、復元されるコンテンツを選択します (メタデータとデータ、もしくはメタデータのみ)。 フォルダーがクラウドストレージ領域にない場合、復元されるコンテンツをそのまま選択します。 次に、[元のフォルダーに復元する] を選択するか、ファイルを別の復元先に復元することを選択し、[適用] をクリックします。

    QNAP

QNAP NAS でファイルの同期ジョブを作成する

QNAP NAS からファイルを同期するには、[同期] を選択し、ローカル NAS、リモートサーバー、クラウドのいずれかとファイルを同期します。

QNAP

  1. ローカル NAS とファイルを同期する同期ジョブを作成する

    ローカルフォルダーから別のローカルフォルダーまたは外付けデバイスにファイルを同期するには、[ローカル NAS と同期] を選択します。

    QNAP

    ソースファルダと宛先フォルダーを選択します。 [追加] をクリックし、フォルダーペアを追加します。
    同期ジョブにフォルダーのペアを追加したら、[適用] をクリックして同期ジョブを作成します。

    QNAP

    同期ジョブに追加しない場合、フォルダーペアを削除することもできます。 その場合、削除ボタンをクリックしてください。

    QNAP

    サブフォルダーを追加し、ソースまたは宛先のフォルダーとして選択することもできます。 その場合、フォルダー名を入力し、追加ボタンをクリックします。

    QNAP
     
  2. リモート NAS/サーバーとファイルを同期する同期ジョブを作成する

    ローカルフォルダーからリモート NAS/サーバーにファイルを同期するとき、一方向または双方向を選択できます。

    • 2.1. ローカルフォルダーとリモートフォルダーの間の一方向同期

      [一方向同期] を選択し、[ローカルをリモートに同期] をクリックします。

      QNAP

      ネットワークプロトコルの 1 つを選択し、[次へ] をクリックします。QNAP

      同期先としてリモートプロファイルを選択します。 リモートプロファイルを作成している場合、それはリモートサーバードロップダウンリストに表示されるはずです。それを同期先として選択できます。
      リモートプロファイルを作成していない場合、このページで作成できます。 リモートサーバードロップダウンリストをクリックして [新規プロファイル] を選択し、[リモート接続の追加] ウィザードを開きます。 リモート IP アドレス/ホスト名とパスワードを入力し、[テスト] をクリックして接続を確認します。 接続できたら、[OK] をクリックしてそのリモートプロファイルを作成します。
      残りの設定はローカル同期ジョブの作成と同じです。

      QNAP
       
      QNAP

    • 2.2. ローカルフォルダーとリモートフォルダーの間の双方向同期

      [双方向同期] を選択し、[リモートサーバーと同期します] をクリックします。 残りの設定は一方向リモート同期ジョブの作成と同じです。

      QNAP

      注記: 双方向同期の場合、両方のホストで GMT 時間形式をサポートし、時間設定を同じにする必要があります。この設定は NTP サーバー設定で構成できます。
  3. クラウドとファイルを同期する同期ジョブを作成する

    ローカルフォルダーからクラウドにファイルを同期するとき、一方向または双方向を選択できます。

    • 3.1. ローカルフォルダーからクラウドにファイルを一方向同期する

      [一方向同期] を選択し、[クラウドと同期] をクリックします。

      QNAP

      ローカルフォルダーからクラウドフォルダーにファイルを同期するか、クラウドフォルダーからローカルフォルダーにファイルを同期できます。 同期方向を選択し、クラウド同期ジョブを作成します。

      QNAP

      同期先としてクラウドプロファイルを選択します。
      クラウドプロファイルを作成している場合、それはアカウントリストに表示されるはずです。それを同期先として選択できます。

      QNAP

      クラウドプロファイルを作成していない場合、このページでも作成できます。 クラウドサービスの 1 つを選択し、クラウドアカウントを認証します。 クラウドプロファイルを選択したら、[次へ] をクリックしてクラウド同期ジョブの作成を開始します。 残りの設定はローカル同期ジョブの作成と同じです。

      QNAP
       
    • 3.2. ローカルフォルダーとクラウドの間の双方向同期

      [双方向同期] を選択し、[クラウドと同期] をクリックします。 残りの設定は一方向クラウド同期ジョブの作成と同じです。

      QNAP
最近の記事
QNAP Thunderbolt NAS と Windows を利用し、Adobe Premiere® Pro のための高速メディア編集環境を構築する方法 2017年10月12日
Thunderbolt™ 対応 NAS の iSCSI サービスを使用し、Mac コンピューターのストレージとして利用する方法 2017年10月12日
QNAP Thunderbolt NAS を利用し、高速のファイル共有システムを構築する 2017年10月12日
Final Cut Pro X と Thunderbolt 対応 NAS を利用して動画編集を能率化する方法 2017年10月12日
Qsync を使い、コンピューターと NAS でファイルを同期する方法は? 2017年09月11日
QNAP NAS の拡張フォルダ許可 2017年09月01日
QNAP NAS でデータを暗号化するには? 2017年08月17日
Q’center を利用して、複数の QNAP NAS ユニットを 1 箇所で管理・監視するには? 2017年08月17日
Qfiling の使い方 2017年08月17日
オンライン RAID 容量アップグレード 2017年08月17日
Qsirch でファイルを検索する方法 2017年08月17日
オンライン RAID レベル移行 2017年08月17日
Hybrid Backup Sync を使用し、QNAP NAS のファイルをバックアップ / 復元 / 同期する 2017年08月17日
Time Machine を使い、Mac を SMB 経由で QNAP NAS にバックアップする 2017年08月07日
QNAP Turbo NAS でスナップショットを作成、管理、復元する 2017年08月07日
QNAP NAS の LDAP ディレクトリへの接続 2017年08月02日
QNAP NAS を RADIUS サーバーとして使用する方法 2017年07月25日
IFTTTレシピでQNAPとWebサービスを連携させる方法 2017年02月18日