現在位置: ホーム / ブログ / オンライン RAID 容量アップグレード

オンライン RAID 容量アップグレード

2017/8/17 (QNAP) - 現代企業にとってビジネス・ニーズに応じたストレージ容量の増加は重要な課題です。このチュートリアルでは、QNAP Turbo NASのオンラインRAID容量アップグレード使って、NASを停止することなく、容量を増やす方法を紹介します。

現代企業に対する新たな課題

現代企業にとって、最大の課題の一つは、作業効率を向上させるために、重要なデータの保護と共有を実現する信頼性の高いNASを選択してセットアップすることです。 一方、データをバックアップすることにより、データ喪失のリスクを低減する必要性により、大容量ストレージの需要が高まっています。 ハードドライブのストレージ容量を増加することに関して、QNAPは、お使いのQNAP Turbo NASがビジネスサイズと共に成長できるよう、低容量ドライブを高容量ドライブにホットスワップするためのソリューションを提供します。

QNAP Turbo NASは、現代の企業のために高性能かつ低TCO(総所有コスト)のストレージソリューションを実現します。 クラス最高のハードウェア仕様と使いやすいアプリケーションに加えて、QNAP Turbo NASは、オンラインRAID容量拡張(例えば、3台の500GBハードドライブを3台の1TBハードドライブに交換するなど)およびオンラインRAIDレベル移行(例えば、RAIDレベルをRAID 1からRAID 5に移行するなど)などの革新的な機能を提供します。 これらの高度な機能は、大きな予算を有する企業だけが使用してきましたが、QNAPは、直感的な方法を実装し、多くの企業がこれらの強力な機能を利用できるようにしました。

このチュートリアルでは、オンラインRAID容量アップグレードを使って、ユーザーがどのようにメリットを享受するかを示しています。

使用事例

  • Jeffreyは、TVS-882の初期セットアップに3台の500GBドライブを投資し、これらのドライブをRAID 5構成で使用していました。
  • 6カ月後、彼の部門のストレージに対するニーズが急激に増加し、QNAP Turbo NASの現在のストレージ容量では十分ではなくなりました。 同時に、1TBハードドライブの価格が大きく低下していました。 したがって、Jefferyは、3台の1TBハードドライブの購入を意思決定しました。
  • 現在、Jefferyは、TVS-882 NASの容量をアップグレードしたいと考えています。

操作手順

QTSに管理者アカウントでログインします。 「ストレージマネージャー」 > 「ストレージ領域」に進みます。 拡張するストレージプールを選択し、「管理」をクリックします。 「ストレージプール管理」ウィンドウが表示されます。拡張するRAIDグループを選択し、「管理」メニューの「ディスクを1台ずつ交換する」をクリックします。



交換する1番目のディスクをハイライト表示させ、「変更」をクリックします。



ヒント: ハードドライブを交換すると、説明フィールドに「このディスクを交換できます」と表示されます。 ハードドライブをより大きなハードドライブに交換できます。ハードドライブがすでに交換されているのであれば、この手順を省略できます。

注意: ハードドライブ同期の進行中は、NASの電源を切ったり、ハードドライブを入れ替えたりしたりしないでください。

「このドライブを取り外してください」が表示されたら、NASからハードドライブを取り外します。 NASが2回ビープ音を鳴らすまで待機します。



説明フィールドに「新しいドライブを挿入してください」と表示されたら、新しいドライブを同じドライブスロットに挿入します。



ハードドライブを差し込んだら、NASがビープ音を鳴らすのを待ちます。 システムが再構築を開始します。



RAIDが再構築を完了した後、他のハードドライブを1台ずつ交換するため、上記のステップを繰り返します。

全てのハードドライブを入れ替えて、再構築が完了した後、「容量の拡張」をクリックして、RAIDを拡張します。



OK」をクリックして続行します。



NASは、ビープ音を鳴らし、容量の拡張を開始します。



ドライブのサイズに応じて、このプロセスには、完了するまで数時間から数十時間かかる場合があります。 プロセスが完了するまでお待ちください。 NASの電源を絶対に切らないでください。

RAID拡張が完了すると、新しい容量が表示され、RAIDグループのステータスが「準備完了」になります。 プロセスが完了しました。新しいストレージ領域を使用することができます。



ヒント: クローズドNASモデル(アクセス可能なドライブベイがないモデル)の容量を拡張する場合は、NASの電源を切り、ケーブルを取り外し、NASを平らな台の上に置き、カバーを開き、内部のハードドライブを交換する必要があります。 その後、カバーを取り付け、ケーブルを接続し、NASの電源を入れて、後は、画面上の指示に従います。
最近の記事
QNAP Thunderbolt NAS と Windows を利用し、Adobe Premiere® Pro のための高速メディア編集環境を構築する方法 2017年10月12日
Thunderbolt™ 対応 NAS の iSCSI サービスを使用し、Mac コンピューターのストレージとして利用する方法 2017年10月12日
QNAP Thunderbolt NAS を利用し、高速のファイル共有システムを構築する 2017年10月12日
Final Cut Pro X と Thunderbolt 対応 NAS を利用して動画編集を能率化する方法 2017年10月12日
Qsync を使い、コンピューターと NAS でファイルを同期する方法は? 2017年09月11日
QNAP NAS の拡張フォルダ許可 2017年09月01日
QNAP NAS でデータを暗号化するには? 2017年08月17日
Q’center を利用して、複数の QNAP NAS ユニットを 1 箇所で管理・監視するには? 2017年08月17日
Qfiling の使い方 2017年08月17日
オンライン RAID 容量アップグレード 2017年08月17日
Qsirch でファイルを検索する方法 2017年08月17日
オンライン RAID レベル移行 2017年08月17日
Hybrid Backup Sync を使用し、QNAP NAS のファイルをバックアップ / 復元 / 同期する 2017年08月17日
Time Machine を使い、Mac を SMB 経由で QNAP NAS にバックアップする 2017年08月07日
QNAP Turbo NAS でスナップショットを作成、管理、復元する 2017年08月07日
QNAP NAS の LDAP ディレクトリへの接続 2017年08月02日
QNAP NAS を RADIUS サーバーとして使用する方法 2017年07月25日
IFTTTレシピでQNAPとWebサービスを連携させる方法 2017年02月18日