現在位置: ホーム / ブログ / Qfiling の使い方

Qfiling の使い方

2017/8/17 (QNAP) - Qfilingは面倒なファイル整理を自動化する画期的なアプリケーションです。ファイルの種類(画像、音楽、メールなど)や作成日(年、月、日)などの分類項目を設定するだけで、対応するフォルダにファイルを振り分けることができます。このチュートリアルでは、Qfilingの使い方を具体例を交えて紹介します。

内容

Qfiling について

Qfiling は、ファイル整理に革命をもたらす包括的な自動ファイリングアプリケーションです。ファイルタイプに基づき高度な検索条件を提供するフルテキスト検索技術である Qsirch を使用することで、Qfiling はファイルを分類して生産性を向上させます。

Qfiling ホームページの使い方

すべてのファイリングタスクのステータスを Qfiling ホームページから確認できます。



「1回」のファイリングタスクに加えて、「スケジュール」されたファイリングタスクを表示することもできます。



Qfiling タスクの作成

  1. 「Qfiling タスクの作成」をクリックします。


  2. タスク名を指定します。

  3. 送信元パスの中から、ソースフォルダを選択します。


  4. 宛先パスの中から、保存先フォルダを選択します。


    ヒント:また、新しいフォルダを作成し、それを保存先フォルダとして選択することもできます。



  5. 「次へ」 をクリックします。

  6. ファイリング条件の下で、ファイルタイプを選択します。


  7. 各ファイルタイプのファイリング条件を選択します。
    例えば、変更した日付に基づいて、すべての写真をソートすることができます。


  8. (オプション) をクリックして、サブフォルダの新しいファイリング条件を追加します。


    ヒント:1 つのタスクで複数のファイルタイプをアーカイブすることができます。



  9. 「次へ」 をクリックします。

  10. 次のいずれかを選択します。
    1. 1 回 – ファイリングタスクを 1 回実行します。
    2. スケジュール – 指定されたスケジュールと有効期限に基づいてファイリングタスクを複数回実行します。




  11. 「次へ」 をクリックします。

  12. 該当するものをすべて選択します。
    1. 元のファイルを削除します
    2. 条件に一致しないファイルを「その他」フォルダに移動します
    3. 動画字幕のインテリジェントファイリング
    4. データ整合性チェック



  13. ファイル競合ポリシーを選択します。
    1. ファイルをスキップする
    2. ファイルを上書きする
    3. 同じ名前のファイルが存在する場合、名前の変更

  14. 「次へ」 をクリックします。

  15. タスクの概要を確認します。


  16. 「適用」をクリックします。

    注記:元のファイルを削除することを選択した場合、タスクが完了した後、ホームページで「取り消し」をクリックして、変更を取り消すことができます。これを行うと、すべてのファイルが元のフォルダに移動し、新しいフォルダが削除されます。

 

推奨される用途

カメラマンのためのヒント:

  1. Adobe Lightroom などのプロ用写真ソフトを使用して写真のタグ付けやアーカイブを行う場合、QNAP は、次のようなファイル条件を使用することを推奨します。
    1. [写真/ IPTCキーワード/撮影月]


    2. [写真/撮影月/撮影日/IPTCキーワード]


  2. 大量の写真を整理する必要がある場合は、Qfiling のタスクのスケジュールを使用して、写真を定期的にアーカイブします。



オフィスワーカーのためのヒント:

  1. プロジェクトごとにファイルを整理する必要がある場合は、各ファイルタイプに次のファイル条件を使用します。
    1. ドキュメント - [ドキュメント/ファイル拡張子]
    2. 写真 - [写真/撮影日]
    3. 動画 - [動画/撮影月]
    4. 音楽 - [音楽/音楽ジャンル]




  2. 多数のファイルを整理する必要がある場合は、以下を行うことができます。
    1. Qfilingタスクのスケジュールを使用して、ファイルを定期的にアーカイブします。
    2. ドキュメントには次のファイル条件を使用します:[ドキュメント/ファイル拡張子/変更日]。




入手方法と要件

Qfiling および Qsirch アドオンは、QTS 4.3.0 以降の App Center から入手できます。

x86 モデルの場合、Qfiling および Qsirch は、少なくとも 2GB の RAM を必要とします。また、より良い性能を実現するために、4GB 以上の RAM を推奨します。

最近の記事
QNAP Thunderbolt NAS と Windows を利用し、Adobe Premiere® Pro のための高速メディア編集環境を構築する方法 2017年10月12日
Thunderbolt™ 対応 NAS の iSCSI サービスを使用し、Mac コンピューターのストレージとして利用する方法 2017年10月12日
QNAP Thunderbolt NAS を利用し、高速のファイル共有システムを構築する 2017年10月12日
Final Cut Pro X と Thunderbolt 対応 NAS を利用して動画編集を能率化する方法 2017年10月12日
Qsync を使い、コンピューターと NAS でファイルを同期する方法は? 2017年09月11日
QNAP NAS の拡張フォルダ許可 2017年09月01日
QNAP NAS でデータを暗号化するには? 2017年08月17日
Q’center を利用して、複数の QNAP NAS ユニットを 1 箇所で管理・監視するには? 2017年08月17日
Qfiling の使い方 2017年08月17日
オンライン RAID 容量アップグレード 2017年08月17日
Qsirch でファイルを検索する方法 2017年08月17日
オンライン RAID レベル移行 2017年08月17日
Hybrid Backup Sync を使用し、QNAP NAS のファイルをバックアップ / 復元 / 同期する 2017年08月17日
Time Machine を使い、Mac を SMB 経由で QNAP NAS にバックアップする 2017年08月07日
QNAP Turbo NAS でスナップショットを作成、管理、復元する 2017年08月07日
QNAP NAS の LDAP ディレクトリへの接続 2017年08月02日
QNAP NAS を RADIUS サーバーとして使用する方法 2017年07月25日
IFTTTレシピでQNAPとWebサービスを連携させる方法 2017年02月18日