現在位置: ホーム / ブログ / メモリーのアップグレードで、データ安全性もUP!?

メモリーのアップグレードで、データ安全性もUP!?

2021/6/9(QNAP) - QNAP NASはメモリーアップグレードを実施頂くことで、より快適にご利用頂くことができます。今回はメモリー容量の異なる2台のNASを使用して、検証を行いました。是非ご一読ください。
メモリーをアップグレードすることで、NASの処理速度が上がることはもちろんですが、
データの安全性までもUPするとはどういうことなのでしょうか。

今回、弊社にて4GBメモリーを搭載したNASと32GBメモリーを搭載した同型番のNAS2台を使用して、
検証を実施しましたので、その結果とともにご紹介致します。

今回検証に使用したNASはTS-EC1280U-RPです。

            TS-EC1280U-RP
標準搭載メモリーが4GBとなり、最大32GBまでメモリー増設が可能なNASです。


検証内容

・リビルド
 →RAID5の状態からHDD1本を抜き取り、RAID低下モードの状態からリビルド 
 
 リビルド速度が上がることで、より速くRAID復旧が完了できることを検証にて確認します。

・バックアップ
 
 バックアップ速度が上がることで、より速くデータ保護ができることを検証にて確認します。
 →3パターンで検証
  
 1.RTRR(NAS to NAS)でのバックアップ
   RTRR-backup.png

  
 2.RTRR(NAS to NAS)での一方向同期
   RTRR-onewaysync.png

  
 3.Rsyncサーバーを使用し、NASへ一方向同期
    Rsync-onewaysync.png
    
・ファイルシステムチェック

  ファイシステムチェックの速度が上がることで、より速くファイルの修復が完了できることを検証にて
  確認します。

 filesystemcheck.png

・アンチウイルススキャン
 
 アンチウイルスのスキャン速度が上がり、より速くウイルスを検出、対処が可能となることを検証にて
 確認します。
 
AntiVirs.png


・マルウェアリムーバーのスキャン

 マルウェアリムーバーのスキャン速度が上がることで、より速くマルウェアを検出、隔離することが
   可能になることを確認するため、検証を行います。

 MalwareRemover.png


・ブロックスキャン

 ブロックスキャンの速度が上がることで、より速くHDDに障害が発生していないかを検査することが可能です。
 それによって、より早くHDD交換の対応を進められ、復旧させることが可能であることを検証にて確認します。


blockscan.png
  
・SMARTテスト

 SMARTテストの速度が上がれば、より速くHDDに障害がないかを検査することが可能です。
 それによって、より早くHDD交換の対応が進められ、復旧させることが可能であることを検証にて確認します。
 
SMARTtest.png

・起動時間
 
 
起動速度が上がることで、データ復旧時などにより早く起動しデータの復旧ができることを検証にて
 確認します。



検証結果 ~メモリー4GB VS  メモリー32GB

第1回戦 リビルド 
  32GB搭載の場合、
23%短縮

第2回戦 バックアップ
  1.RTRR(NAS to NAS)でのバックアップ
   
32GB搭載の場合、11%短縮

  2.RTRR(NAS to NAS)での一方向同期
   32GB搭載の場合、20%短縮

    3.Rsyncサーバーを使用し、NASへ一方向同期
   32GB搭載の場合、13%短縮

3パターンで検証したところ、なんとRTRRでの一方向同期が一番速度の短縮が見られました。
バックアップと同期で動作は異なりますが、スピードを重視したい場合は、
RTRRでの一方向同期がお勧めかもしれません。


第3回戦 ファイルシステムチェック

  32GB搭載の場合、14%短縮

第4回戦 アンチウイルス
  
32GB搭載の場合、13%短縮

 
第5回戦 マルウェアリムーバー
  両者引き分け 
 
 4GB、32GB搭載どちらの場合でも処理時間は変化なし
 
第6回戦 ブロックスキャン
  32GB搭載の場合、36%短縮

第7回戦 SMARTテスト
  32GB搭載の場合、34%短縮

第8回戦 起動時間 
  
32GB搭載の場合、5%
短縮
  
NAS起動時にメモリーチェックが走るため、メモリー32GB搭載のNASの場合、
メモリーの枚数が増えるためにメモリー4GBの場合と大きな差が出なかった可能性が考えられます。


マルウェアリムーバーのみ引き分けとなりましたが、32GBの方が8戦7勝という結果になりました。

※実際にNASを構築している環境や使用している製品やNASに格納されているデータ容量によって、結果は異なる場合はございます。



メモリーをアップグレードすると、アップするのは速度だけではない

検証の結果、メモリー増設をすることで、NASのデータ処理速度が向上します。
それによって、リビルド、バックアップ、ファイルシステムチェック、ブロックスキャンなどのデータ保全機能の向上が見られました。
メモリーを増設することで、NAS内の大切なデータの安全性UPを実現することができます。
メモリーを増設してNASをより快適に、安全に利用しましょう。


■DDR4 SO-DIMM 8G

 DDR4_SO-DIMM_8G.jpg



2021/6/9  YS