現在位置: ホーム / ブログ / QNAP NAS 初期設定手順

QNAP NAS 初期設定手順

2018/9/18 (QNAP) - ご閲覧頂きありがとうございます。 今回はQNAP NASを初めてご利用頂く際の初期設定手順についてご紹介したいと思います。 QNAPの初期設定は大きく3つに分かれています。 設定はとっても簡単ですよ!!

初期設定の流れ
1.機器のセットアップ

NAS本体へストレージ(HDD、SSD)を挿入します。
NAS背面のLANポートとルーターのLANポート間を
同梱のイーサネットケーブルで接続し電源コードを挿します。
NAS-front.png

2. Qfinder Proのインストール

QNAPサイトよりQfinderをダウンロード&PCへインストールします。

Qfinderとは・・・同じLAN上のすべてのQNAP NASをすばやく検索して簡単にアクセスすることができるツールです。
ここ
からダウンロードできます。
qfinder.png

3.スマートインストールガイド

スマートインストールガイドに沿って初期設定を行います。
初期設定完了後はNAS再起動が必要です。

initialsetup-1.png

以下からは機器セットアップ以外の2項目をStep by Stepでご説明しています。
ぜひご参考ください。

Qfinder Proのインストール

QNAPサイトから最新版のQfinderをダウンロードしましょう。
ここへアクセス > お使いのOSをクリック > Qfinder Proをダウンロード > PCへインストール
【参考資料】
NAS簡単設定
NASユーザマニュアル

qfinder.png

インストールが完了したら、Qfinder Proを起動してNASにアクセスします。

qfinder2


スマートインストールガイドの設定手順
「スマートインストールガイド開始」をクリックしてください。
initialsetup-1.png


NASにつける名前と管理者権限パスワードをそれぞれ入力します。


initialsetup-2.png


タイムゾーンを日本に設定し、「インターネットタイムサーバーに自動的に同期化」を選択します。

initialsetup-3.png

お使いのルーターがDHCP設定の場合・・・「自動でIPアドレスを取得(DHCP)」を選択
固定IPアドレスを使用する場合・・・「スタティックIPアドレスの使用」を選択

NASとPCを直接接続する場合・・・
QNAP側のIPは「169.254.100.100」になります。
PC側のIPを「169.254.100.101」に設定してください。

※ここではスタティックアドレスを設定しています。

initialsetup-4.png

OSを選択
Windowsがすでに選択されているためグレーアウトされています。
用途に応じてご利用システムにチェックを入れてください。

initialsetup-6.png

Qtierを利用する場合は「後でディスクを設定する」にチェックを入れてください。
※Qtier資料ダウンロードはこちら
HDDのみで構成する場合は「今すぐディスクを構成する」を選択してください。

ボリュームタイプ、RAIDタイプを選択してください

ボリュームタイプ
静的ボリューム 静的ボリュームはRAIDグループ上に直接作られます。ランダムアクセスに対して最良の性能 (他のディスクボリュームよりも最大20%高速) を発揮します。
このオプションはファイル共有やオンラインの共同作業のための高性能ストレージ領域用に適しています。

シックボリューム
(Thick Volume)

シックボリュームは事前に割り当てられたストレージプール領域 から作られます。
拡張可能な容量が確保されます。このオプションは一般利用に適しています。
シンボリューム
(Thin
Volume)
シンボリュームは使用可能なストレージ容量を超える領域を作成でき、データをボリュームに書き込む際にだけストレージプールから物理領域を取得します。
Thinボリュームは、ストレージ領域の不足による停止を起こさないようにストレージ利用率に十分な配慮が必要です。
Thinボリュームの領域は利用できる容量を最大化させます。

initialsetup-8.png


マルチメディア機能とは?
Multimedia
Station、PhotoStation、Music Station、Surveillance Station、Download Station、iTunesサーバ、
DLNAメディアサーバなどのホーム/マルティメディア機能を
使う場合は有効にしてください。
※QTSインストール後でも、コントロールパネルからマルチメディア機能を有効にすることができます。

initialsetup-9.png


設定した内容が正しい場合は適用をクリック

initialsetup-10.png


RAID構成が正しければ「確認」をクリック

initialsetup-11.png


ハードドライブの初期化が始まります。
完了までしばらくお待ちください。

initialsetup-12.png

initialsetup-13.png

initialsetup-14.png

initialsetup-15.png

QNAP再起動後は以下画面に遷移しますので
「ログイン」をクリックしてください。

initialsetup-16.png


ログイン画面が表示されたら設定した管理者権限のユーザ名とパスワードでログインします。

initialsetup-17.png


データとプライバシーは「続行」をクリックし進んでください

initialsetup-18.png


データプライバシー通知内容を確認し、「続行」をクリック

initialsetup-19.png


QTSデスクトップ画面が表示されます。
これで初期設定は完了です。

initialsetup-20.png


今後は管理者でのユーザグループ作成、ユーザの作成、権限設定やお勧めアプリについてもご紹介していこうと思います。

NASのお見積りはこちら
また、フォースメディアではNASご購入前の評価機を無償で貸し出しています。
評価機貸出をご希望の場合はこちら

ご閲覧頂きありがとうございました。

2018/9/18 RK